2020.09.05

マスクでも映えるモテメイクは?部位ごとに紹介!

新型コロナウイルスが流行っている影響でマスクを着用する機会も増えてきました。
マスクとなると顔の半分が隠れるためメイクに手を抜く女性も多いのではないでしょうか。

しかし、こんな状況だからこそマスクに合わせたメイクをすることで他の女性より目立つことができるのです。

マスクで映えるモテメイクを知り、他の女性に差をつけましょう!
夏の間はマスクの下のファンデーションは崩れてしまいがちなので、ついつい塗らずに済ませてしまうという人も多いのではないでしょうか。

しかしファンデーションは綺麗になるためだけではなく紫外線予防にも効果的なメイクです。

リキッドファンデではなくパウダーファンデなど汗に強いファンデーションを使ってしっかり塗るようにしましょう。

汗が気になる人はフェイスパウダーを持ち歩き、食事の前後でマスクの下までケアすることで化粧崩れを防ぐこともできます。
マスクによって顔の下半分が隠れるのでアイブロウの重要度はいつもよりも高まります。

最近は濃い眉も流行っていますが、マスクをしている状態ではアイメイクに力を入れすぎると顔全体がきつい印象になってしまいがち。

そうならないためにも、アイブロウは淡い色を中心に塗るようにしましょう。眉の山の部分をしっかり作ることで、メリハリのあるはっきりとした顔出ちになります。
マスクをしている状態ではアイブロウと同じように普段よりも大切なのがアイシャドウです。

アイシャドウをする時は、いつもより少し華やかな色を意識しましょう。アイホール全体に明るい色を塗り、目頭の部分からグラデーションをつけるように少し濃い目の色を使うと自然なアイメイクができるようになります。

明るい印象の顔立ちにしたい人は、少しラメの大きめのアイシャドウを選ぶことによって夏らしさを演出することもできますよ。

水族館や映画館やドライブデートなど、暗い場所でデートをする時にもラメの大きなアイシャドウは大活躍です。

マスクで顔が隠れてしまう分、アイシャドウはいつもより大胆に塗ってあげてください。
マスクで頬が隠れるためチークはサボってしまっているという人も多いのではないでしょうか。

でも、チークをサボると食事の時などに不健康な印象になってしまいかねません。ちゃんといつものようにチークも塗るようにしましょう。

チークは頬骨の少し高くなっている部分を中心に塗り、少しぼかす塗り方がおすすめです。

立体感を意識することで、アイブロウとの相乗効果ではっきりとした顔立ちを演出することができますよ。
マスクをしていると崩れやすく面倒になってしまいがちなメイクですが、こういう状況だからこそしっかりメイクをして、はっきりとした顔立ちにすることで印象に残りやすくなります。

気になる男性の印象に残るためにもモテメイクに挑戦してみてください。
(ハウコレ編集部)

関連記事