2020.10.10

貸していいの!?彼氏に「今月ピンチだから」といわれたときの対処法

彼氏に「今月ピンチだから」といわれてお金を貸して欲しいとお願いされたことはありませんか。大好きな彼氏が困っているから助けてあげたいものの、貸していいのか迷いますよね。

そこで今回は、彼氏に「今月ピンチだから」といわれたときの対処法をご紹介します。
断りたいと思っても断りにくいことってありますよね。特に女性の良心をえぐって無理やりいうことを聞かせようとする男性もいますから。

そんな男性には「誰にも貸していないから無理」といって断りましょう。彼氏だから無理なのではなく、誰でも無理だと伝えるのです。家族でも絶対に貸さないといえば、彼氏は「お金に厳しいタイプなんだな」と思って諦めるはずです。

誰にも貸さないといえば、彼氏が自分が拒絶されたような気分にもなりにくいのでおすすめです。
とりあえず彼氏の話を聞いてあげるという対処法です。もしかしたら彼氏には、どうしようもない事情があるのかもしれません。

たとえば、彼氏が若くてまだ学生なら、体調を崩したせいで一時的にバイトに入れず、どうしてもお金が足りなくなったということがあるかもしれません。このように仕方ないと思う時だけ貸すという手もあります。

しかしながら、元々彼氏がお金がないタイプの場合は、まともな理由があっても貸すかどうかは慎重になった方がいいでしょう。
お金がない人は貸してくれる人に依存しますから、どんどん貸すということになりかねません。気をつけてください。
彼氏との関係を大事に思っているからこそ貸せないということを伝える方法です。「お金の貸し借りは関係を壊すから無理だ」と伝えて、納得してもらいましょう。

彼氏のことを大事に思っているからこそと言うことを伝えれば、彼氏もそんなに嫌な気はしません。比較的納得してくれるはずです。
「お金にルーズな人とは別れる」といって断る方法です。彼氏がどうしてもしつこくお願いしてくるときは試してみてください。

彼氏も、彼女に別れるといわれれば、それ以上しつこくできないでしょう。むしろしつこくお金を貸して欲しいといってくる彼氏とは別れた方が自分のためです。

金銭感覚は結婚してから大きく影響するものですから、もしも違和感が大きくなったのなら、別れるのも一つの手です。
彼氏に「今月ピンチだから」といわれたら、理由を聞いてから貸してあげるか、上手いことをいって断るのをおすすめします。できれば断った方がいいでしょう。

お金の貸し借りは安易にやるべきことではありません。慎重に対応するようにしましょう。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事