2020.12.22

またうまくいかないっ...!いつも【恋愛をこじらせてしまう】4つの理由とは?

恋愛相手はできる、両想いになれる、しかし、何かとこじらせてしまう自分がいませんか?途中までは順調にいっていたのに、なぜか毎回恋愛がこじれてしまい最終的には上手くいかなくなるパターンです。

「こんなつもりなかった…...」「また同じ結果になってしまった…...」などのように自分でも困惑してしまうでしょう。実は、恋愛をこじらせるのには理由があります。

なぜいつも恋愛がこじれてしまうのか、その理由について紹介しますね。
何かと相手に突っかかってしまう癖がありませんか?このタイプは、自分の思い通りにならないことに対して上手に対処できない人です。思い描いていたこと、心で考えていたことと違うことが起きると突っかかってしまいます。

また、相手が何か言っただけでカチンとくるときつい言葉で突っかかることもあるでしょう。このように、いちいち突っかかっていると、少しのこじらせから大きなこじらせまで様々な種類のこじらせが起きてしまいます。

上手に流すことができなく、全てを受け止めてしまう繊細なタイプであるとも言えるでしょう。突っかかりたくなるときに我慢すると、こじらせない恋愛ができる可能性もありますよ。
今している恋愛があるはずなのに、過去の恋愛と比べてしまい、それを口に出すこじらせ女子もいます。「前の彼氏は〇〇だった…...」「ここ元彼とも来た!」などのようにわざわざ発言するのです。

心理的には、相手の気持ちをひきたいと思っているでしょう。しかし、これは逆効果ですよね。相手を怒らせ、相手にもう別れたいと思わせる原因を作ってしまいます。

自分で原因を作ったのに、相手の態度に逆切れして余計にこじらせてしまうこともあるでしょう。過去の恋愛と比べる暇はないと思って今の恋愛に夢中になってください。
相手の悪いところが目について、それを一回一回相手に伝えるこじらせ系もいます。それできて、自分の悪いところを指摘されると怒ったり拗ねたりするのでよりこじらせるのです。

これでは恋愛は全くうまくいきません。しかし、悪いと思ったところは指摘せずにはいられないので、気付いたら口に出してしまっているでしょう。

言い方を考えたり、言う回数を減らす努力をしたりしないと、毎回こじらせて終わる恋愛になってしまいますね。
恋愛がうまくいっていても「どうせ別れるんだ…...」「私なんか魅力ないし…...」と悲観的になることでこじらせる人もいます。構ってほしくてこじらせたほうが相手にしてもらえると思っているのでしょう。

このタイプは、面倒だと思われがちです。自分が満足すると立ち直り、不安になるとまた悲観的になってこじらせてくるので付き合ってられなくなりますよね。

相手の気持ちも考えて悲観的にならない努力をしましょう。
こじれた恋愛ばかりになるのは、自分に原因があることが多いと思ってください。自分が変われば、幸せな恋愛ができるようになります。早めにこじらせから卒業しましょう!

(ハウコレ編集部)

関連記事