2021.01.05

いつもうまくいかない…...【恋愛下手】の特徴と直し方って?

恋愛は嫌いじゃない、できれば恋愛をしていたいと思っているのに、恋愛下手で上手くいかないという人もいるでしょう。自分を恋愛下手だと気付いていない人もいます。

しかし、恋愛がいつも上手くいかない、恋愛で失敗して泣いてばかりという人は恋愛下手の可能性が高いでしょう。

今回は、恋愛下手を見極めるためにも恋愛下手の特徴を紹介します。さらに、対策も紹介するので恋愛上手になれるように頑張りましょう。
恋愛に溺れてしまうタイプは恋愛下手です。恋愛すると、自分のこと、身の回りで起きることに対応しきれなくなっていませんか?夢中になりすぎて周りが見えていないのです。

また、恋愛に夢中になるとその日が良ければいいという目の前の状況に一喜一憂することも多くなります。先を見通した行動ができないため、結果的にダメになるのです。

対策としては、客観的な気持ちを持つことです。できないなら、友人に相談して客観的意見を貰いましょう。自分から離れて自分の恋愛を見ることで冷静になれて少しは恋愛上手になるでしょう。
本当の自分が明るくて笑うのが大好きな場合でも、上品なふりをしたり、おしとやかなふりをしたりと自分を偽ってしまう恋愛下手もいます。自分の中では「今のところいい感じ!」と思っていませんか?

自分を偽っていると、相手から「表面だけ」「心の中が見えない」と思われがちです。そのため、あなたのことが分からずに相手は去っていってしまうのです。

そうならないためにも、素の自分を出せるようになりましょう。偽らなくてもいい自信を身につけてください。
「〇〇ちゃんはかわいい」「あの子は性格がいいのに...…」と人と比べて落ち込むタイプの恋愛下手もいます。あまりにも好きな人の心を掴むことができていないので、「あの子ぐらいかわいければ」と悲観的になることがあるのでしょう。

誰かと比べて落ち込む人には、魅力がありません。だから、いつも相手にされずに終わってしまうのです。そのため、「私もかわいくなろう!」「人に優しくして性格を磨こう!」と前向きに考えてください。

人と比べないようになるのが理想ですが、比べてしまうなら、ポジティブな気持ちに変換すべきですよね。
いつも相手のスケジュールに合わせる、相手の意見に合わせる恋愛下手もいますよ。一見、相手とスムーズにいっているように見えるため、恋愛上手に思えることもあるでしょう。

しかし、相手に合わせすぎてしまうと飽きられます。結果、早い段階で恋愛が終わることもありますよ。対策としては、自分の意見もたまには言うことです。

やりたいこと、行ってみたい場所など伝えてみてください。それはわがままではなく意思表明です。恋愛上手は意思表明をうまくやっていますよ。
恋愛下手になっている原因は何でしょうか?恋愛下手は改善することで簡単に抜け出すことができます。問題点を見つけて恋愛に活かしましょうね!
(ハウコレ編集部)

関連記事