2021.06.13

知ってた...?「自分に甘い人」が恋愛に失敗する理由4選とは?

自分をつい甘やかしてしまうことって誰にでもあるでしょう。

しかし、根本的に自分に甘い人というのは、よく恋愛で失敗しています。
しかも、その失敗を次の恋愛で活かすことができません。

なぜ自分に甘い人は恋愛に失敗することが多いのでしょうか。
その理由について紹介しますね。
自分に欠点があることが分かっていても、誰かから欠点を教えてもらうことがあったとしても「そうなんだ......」ぐらいにしか思うことができないため、直せません。

自分に甘いため「欠点があってもいいよね!」「そんなとこも好きになってくれる人がいるはず!」とポジティブな気持ちをすぐに持ち、結果的にその欠点が理由で恋愛がうまくいかなくなることもあるのです。

ポジティブなのはとてもいいことですが、直さなければならない欠点があるなら直す努力をするべきです。直すことに対してポジティブになったほうがいいでしょう。
誰かに「もっと自分に厳しくなったほうがいい......」などのように指摘されたら「じゃああなたはどうなの?」「いちいちうるさい......」などのように逆切れする特徴があるため、恋愛でも失敗します。

恋愛でも何かと自分に甘いところが出てしまうため、相手に尊敬されなくなってしまうのです。素直に人の意見を受け入れることができないと、いつまで経っても同じ失敗を繰り返してしまうでしょう。
自分に甘い人は、時間にルーズ、お金にルーズというように大事なところが全てルーズになっているという特徴もあります。また、ルーズなところも自分で開き直っており「仕方がない......」と思っているでしょう。

ルーズな人がなぜ恋愛に失敗するのかというと、相手をイライラさせてしまうからです。結局は愛想を尽かされて終わるのがオチなのですね。
自分に甘い人は、自分目線でしか物事を見ていません。そのため、言動や行動の全てが自分本位になりすぎていて、相手からすると「わがまま過ぎる人だな」と思ってしまうのです。

もっと周りのことを考えて行動しないといけないという場面でも自分のことだけ考えているでしょう。そのため、思いやりのなさから恋愛で失敗することが多くなるのです。
自分に甘い人は、恋愛だけでなく様々なところで失敗してしまいます。時には自分に厳しくしていい人生を送りましょう。

(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事