2021.06.13

振られるって意外と怖くない!?恋愛で怖いことって何?

恋愛をしていると何よりも怖いことは振られることと思ってしまいませんか?そのため、振られるのが怖いから行動できない、振られるかもしれないからあやふやなままでいいと感じることもあるでしょう。

しかし、実は恋愛では振られるよりも怖いことがあります。今回は何が振られるよりも怖いことなのかについて紹介しますね。
告白できずに終わると、「仕方ないか…」「これはこれでいいや…」と開き直ることもできるでしょう。そうなればいいですが、「なぜ告白できなかったんだろう」などのように引きずってしまうこともあります。

引きずることはとても怖いことで、次の恋愛ができないという現象をうむことがあるでしょう。どんな結果になっても告白できたほうがいいのです。
自己否定をしてしまうと、それが癖になり素敵な恋愛ができません。また、自己否定は恋愛が原因で始まったとしても仕事や他のプライベートにまで影響してしまうことがあるでしょう。

自分を悪い方向にどんどん変えてしまうのが自己否定なので振られるよりもよっぽど怖いことです。自己否定するぐらいなら、告白して振られて自分を褒めることができる人になったほうがいいですよ。
恋愛では相手に依存してしまうことも考えられます。片思いのときもいつの間にか相手に依存してしまい、好きでいることにこだわるようになることがあるでしょう。この依存は、いい恋愛ができなくなる原因を作るためとても怖いことです。

両想いになったとしても、依存することでいつか振られる可能性があります。自分から行動して振られるよりも、依存が原因で振られたほうがダメージが大きくなるでしょう。
仕事中も恋愛のこと、家に帰っても恋愛のこと、友達と一緒にいても恋愛のことなどのように恋愛のことしか考えられなくなると、恋愛のために全ての行動をするようになるでしょう。

結果的に、恋愛がなくなってしまうと自分を見失ってしまいます。恋愛が終わったときのことを考えたら、恋愛のことしか考えられなくなる状態を作るのは振られるよりもよっぽど怖いことなのです。
振られるよりも怖いことって色々あります。そのため、振られることって実はそんなに怖いことではないのです。振られても大丈夫と思って行動してみてくださいね!

(みいな/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事