2021.07.31

数年のブランクが...!?恋愛から【遠ざかりがちな女性】の特徴3選って?

恋愛をするにはパワーが必要です。そのため、意図的に恋愛に向けてパワーを発揮していかないと、自分でも気付かないうちに恋愛から長年遠ざかっている事態になりかねません。

では、気付けば数年恋愛はご無沙汰となってしまいがちな女性はどんな特徴があるのでしょうか。いつの間にか干物女になってしまわないようにセルフチェックしてみましょう。
気付けば年下の友達が多く、頼れるお姉さんポジションになっている人もいるでしょう。しかし年下の友達といると、どうしても結婚に対する危機感が薄れてしまいます。

若い人ほど、恋愛や結婚の優先度が低く自分の趣味や仕事に打ち込む人が多いでしょう。

そういう話を聞いていると「自分もまだまだ大丈夫」と思い、恋愛の優先度を下げてしまいがちです。時には自分の年齢をしっかり意識することも大切ですよ。
ネガティブ思考な人は、一度の失恋経験を引きずってしまいがちです。周りからするとどうってことない恋愛なのに「私に恋は向いていない」と引きこもってしまうこともあるでしょう。

恋愛に対して臆病になってしまい、出会いがあっても踏み出せないこともあります。
エネルギーがいる恋愛に向かっていく時ほど、ポジティブ思考が重要になるのです。
仕事と恋愛の両立は決して不可能ではありませんが、不器用な人の場合は仕事が忙しいと恋愛を後回しにしてしまうこともあるでしょう。

結果的に、仕事ばかりをしていて数年は恋すらしていないというケースになることもあります。仕事が忙しい人は、休日に意識的に恋愛を優先しないと、なかなか恋人ができないかもしれません。
恋愛は経験が重要です。そのため長年遠ざかっていると、いつの間にか恋愛の勘を失って駆け引きができなくなったり、そもそも恋愛を始めるパワーがなくなったりすることもあります。

そうすると、挽回が難しく干物女として女性の良い時期を過ごしてしまうことにもなりかねません。

いつか結婚したいと少しでも考えている人は、あまり恋愛を疎かにしすぎないように意識して行動していきましょう。(土井春香/ライター)


(ハウコレ編集部)

関連記事