2021.08.24

癖になってたら絶対直して!男性にイラっとされやすい無意識の言動

どうもあかりです。
無意識に人をイラつかせてしまう言動って、一番厄介です。
無意識な言動ってたいていは些細なので、「イラつかせる」と言ってもわざわざ本人に指摘しようとは思わないようなレベルであることが多いし、また本人も無意識にやってるので(当然)その問題点に気が付きません。
今回は、恋愛において女性がやりがちな、「無意識に男性をイラっとさせてしまう言動」を3つご紹介します。当てはまるものがあったらすぐに直してあげてください。
男性から提案をされたとき、「それ『で』いいよ」と言ってしまう人は少なくありません。
「で」はダメだよね、「が」にしないと、という考えが正しいのですが、これが分かっている人は初めから「それでいい」とは言いません。
「それでいい」と答えてしまっている人は、おそらく「で」の問題点に気が付いていないのです。
女性が思っているよりも男性はこの「で」をかなり気にしますから、これを機にぜひ直しましょう。
「スマホを見ると画面に集中しちゃって会話ができない」っていう人は良いんです。だって、そういう人は会話中はスマホをいじらないから。
逆に「スマホ見ながらでも喋れるよ」という人は、デート中も無意識にスマホを見ながら会話をしてしまう(できてしまう)ので、厄介です。
「私、スマホ見ながら人と喋れます」という自覚がある人は、これに当てはまってしまっている可能性が高いので、ぜひ次回のデート以降では気を付けてもらえたらと思います。
かわいくて、男性から褒められ慣れている女性は、「男性から褒められる」ことに耐性があるので、「かわいいね」や「好きだよ」って言われたときのリアクションが「ありがとー(棒読み)」みたいに薄くなりがちです。
もちろん、褒めてくる男性が「どうでもいい相手」ならそれでいいんですが、好きな人の場合にはかなり要注意。
男性が女性を褒めるときには、「めっちゃ嬉しそう」なリアクションを期待していますから、たとえ褒められ慣れていても強めのリアクションをしてあげましょう。

他にもご紹介したい「NGだけどやりがちな無意識言動」はたくさんありますので、次回以降の記事でまたご紹介しますね。ではまた。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事