2021.09.25

不安になる前に原因を見極めて!彼とのスキンシップが減った原因3選

今まで彼とのスキンシップがたくさんあって、愛情を感じられて安心したのに、彼とのスキンシップが減ると「本当に愛されているのかな?」と不安になってしまいますよね。

彼とのスキンシップが減ってしまうのは、どんな理由があるのでしょうか?
どんな理由があるのか、一緒に見ていきましょう。
スキンシップを取ることに慣れてしまい、単に物足りなく感じるようになってしまうこともあります。

始めは「こんなにスキンシップしてくれる人なんだ」と思っていても慣れが出ると、今まで満足していた量のスキンシップでも、満足できなくなってしまうのです。

彼は、スキンシップが減ったとは思っていないこともあり、もし不安になったときは、「最近スキンシップが減ってる気がして不安なんだ」と、正直に話してみることをおすすめします。
お互いのことは好きだし、デートもするし休みには会っている。けれどスキンシップが減ってしまっているというのは、よくあることです。

特に、付き合いの期間が長くなってくると、スキンシップを取らなくても、他の行動で愛情表現をしていることもあり、あえて昔のようなスキンシップをとらくてもいいと感じているケースも。

デートの時間も会って、連絡を取りあっているようであれば、スキンシップの回数が減っていても、気にしなくてもいいでしょう。
残念なことに、愛情が薄れてしまっている場合、スキンシップが減ってしまうこともあります。
この場合、連絡の頻度も少なくなって、デートの回数も明らかに減っているので、「もしかしたら気持ちが薄れているのかも」と、予測することができるようになってくるでしょう。

もし愛情が薄れてスキンシップが減ってしまう場合、潮どきかな...と感じることもあったり、他の人に乗り換えようかなと思うようになってくるので、スキンシップが減ったことで、次の行動に移りやすくなることもあります。
彼とのスキンシップが減ってしまうと、不安になってしまうことが多いですよね。

もちろん感情が他に行ってしまって、スキンシップが減ってしまっていることもありますが、自然な流れでスキンシップが減ってしまっていることもあります。

普段からスキンシップを取っていると、急に減ったときに心配になってしまいますが、スキンシップが減っている理由をしっかり見極めて、彼の本当の気持ちをスキンシップだけで判断しないようにしたいですね。

(ハウコレ編集部)

関連記事