2021.09.25

こんなに幸せなんて♡結婚生活がより幸せになるポイントを大公開!

幸せいっぱいで結婚しても、時間が経つにつれてどんどん結婚生活にマンネリをかんじてしまうことはよくあること。
そして、旦那がいない時間が1番幸せ!なんてことになってしまうことも。

せっかく結婚したなら、幸せな時間が少しでも長くなった方がうれしいですよね。
結婚生活がより幸せになるポイントをお伝えします。
人は、恋人であれ家族であれ、期待したところまで至っていないと、「こんなはずじゃなかったのに」と思ってしまいがち。

結婚生活では、「結婚したら、もっと幸せになれると思ってた」「生活が楽になると思ってたのに」と、落差が大きいと幸せを感じにくくなってしまいます。

相手に求めすぎてしまうと、本来幸せと感じていたことも、そこまで幸せと思えなくなってしまうというデメリットも。

「これくらいやってくれたからいいか」と、妥協点を低くしておくことが、結婚生活をより幸せにすると語っている人もいます。
結婚すると、お互いに会話の回数が少なくなっていくことも。

「話さなくても分かるでしょ」「明日伝えればいいや」と思っていながらも、次に会話するタイミングを失ってしまうことってありませんか?
日常の会話がドンドン少なくなってしまいますよね。

夫婦になっても、お酒を交わしながら会話をしたり、寝る前にゴロゴロしながら話すことで、よりお互いの考え方などが分かって、喧嘩の原因を減らすことにつながるのです。
結婚すると、デートと言えることをする機会が少なくなったり、服装に手を抜いてしまったりしがち。
自然体の自分でいられるのはいいことですが、いつも同じ服を来ていたり、すっぴんで出かけるのに慣れてしまうのはNG。

結婚してからのデートでも、ちょっと化粧を変えてみたり、普段着ない服装で出かけてみるなど、刺激があるとベスト。

ちょっとの変化をもたらすことで、旦那さんも「あれ?今日はいつもと違うな」と、気持ちがあがるのだとか。

結婚しても恋人のような意識を忘れないことは、とても大切です。
結婚すると、結婚前よりもちょっと気が緩んでしまったり、これくらいならいいかと相手に甘えがち。
甘えられるくらい信用しているのはいいことですが、慣れがマンネリに繋がって、結婚生活の幸せが短命になってしまうことも。

せっかくご縁があって結婚したなら、ずっと幸せな時間を感じていたいですよね。

慣れからくる油断は禁物です。結婚をしても、旦那さんに見られていることを忘れなければ、結婚生活がより幸せに感じることが起こるでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事