2021.09.20

ああ、めんどくさいな。男性が「セカンドの女性」に無意識でする言動

もしあなたが彼にとってセカンドの女性なら、その恋は諦めた方がよいかもしれません。
これからご覧いただくのは、男性がセカンドの女性に無意識でする言動です。

彼に見られる言動がないかチェックしてみてください。
男性からなにかと強要されることが多いなら、あなたは彼にとってセカンドの女性。

あなたが嫌がっているのにも関わらず、彼が「今から来い」とか「写真を送れ」などと言ってくる場合は、残念ながら大切には想われていません。

本気で好きな女性に対しては、男性も「嫌われたくない」という心理が働くもの。
強要するなんてことはできないのです。
デートの内容がいつも同じなのも、男性がセカンドの女性に無意識でする言動の一つ。

新たにプランを練ったり、場所を探したりするのが面倒で、いつも同じデートになるのです。

一度あなたから「違うデートもしてみたい」と言ってみるとよいかもしれませんね。

あなたがそうリクエストしても一向にデートの内容が変わらないなら、セカンドの女性である可能性が高いです。
あなたは、彼の情報をしっかり把握できていますか?
男性はセカンドの女性に、自分のプライベートをさらけ出しません。

なので、あなたがセカンドの女性であれば「家に行きたい!」と言ったとしても「そのうちね」と、答えを濁されるはずです。

彼がどこに勤めているのか、彼にどんな交友関係があるのか知らないなら要注意!

「アポなしで来られたら困る」「友達とつながられては困る」と思っているため、答えを濁しているのでしょう。
セカンドの女性とマメに連絡を取ったり、頻繁にデートしたりする男性はいません。
自分の気が向いたとき、あるいは暇なときにしか女性を求めないのです。

ただ、女性から「どうして連絡くれないの?」などと言われるでしょう。
そんなとき男性は、忙しいことを理由にします。

ですから、セカンドの女性へは「忙しい」が口癖になっているもの。

もし「忙しくて時間が取れなかった」「忙しいから仕方ないでしょ」と言われているなら、騙されないでくださいね。


彼に見られる言動はありませんでしたか?
セカンドの女性を本命にする男性は少ないです。

彼を本当に好きでいていいのか、一度立ち止まって考えてみましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事