2021.10.24

ボディタッチの秘密♡実は男性が【女性に感じる魅力】がわかっちゃうんです!

ボディタッチとは、何気なくするものであり相手とコミュニケーションを取るためのものです。
このボディタッチには秘密があり、ボディタッチ効果によりグッと距離が縮まるのです。

今回は、このボディタッチの秘密についてお伝えします。
肩をポンポンと叩く行為ですが、男女共にラフな関係であることがわかります。
男女関係などはなく、上司に肩を叩かれることもありますし、恋愛感情とは異なるのです。

しかし、ボディタッチをする勇気がない男性にとってしやすい行動と言えるので、肩を叩く行為により顔を見たら頬を赤らめていたなんてことがあれば、それは少し緊張しながら頑張った証拠と言えます。

ドキドキしながら触れたのだと考えると、男性に対してかわいらしく感じますし、ポイントは男性の表情なのです。
上司だからといって、相手に恋愛感情がないということはありませんし、相手の反応を見て判断することが大事です。
人の手元に触れるという行為は、実は仲良くなりたいと思っている証拠と言えるのです。
なかなか小さな子供が相手でなければ、恋愛感情がないかぎり触れることはないです。

どんな形であれ、手元に触れるということはそれだけ気があるのだと考えて間違いないです。
たとえば、こっちに来てというだけで手首を掴む行為であっても立派なボディタッチと言えます。

手という場所は人からするととても触れやすい場所でありながら、感情が表れる場所とも言えます。
相手の顔に触れる行為は、とても仲が良いことを示します。
仲が良くなければ、顔に触れることなどはなく男女の間であれば尚更です。

たとえば、ほっぺたなどをツンツンされたり、まるで子供のじゃれあいのようなものに感じますが、それだけの行為はお互いに安心感がある証拠と言えます。
相手が友達以上の関係でありながら、恋人ではないという方なら心配いらないかと思います。

なかなかキッカケがなく、前に進まないだけでありそれだけのボディタッチができる相手というのは少なからず信用している相手であり、尚且つすでに恋人までのゴールが近い相手なのです。
大胆に太ももに触れてくる行為は、上司が部下の女性に触れているイメージがあれば、そのイメージは忘れていただきたいです。
なぜなら、ちょっとしたキッカケを作りたくて太ももに触れることもあるからです。

横で話をしながら太ももにポンポンとされるぐらいであれば、そこまで嫌な感情は生まれませんし、それぐらいなら大丈夫なボディタッチの範囲と考える人も多いはずです。

そしてこのようなボディタッチをする男性の心理状況なのですが、まず相手と仲良くなりたいと考えるのが一番であり、下心はほとんどないという男性の方が多いようです。
ボディタッチと言われるとされてもいい人、少し触れられたくない人といると思いますが、男性も男性で少しのコミュニケーションの一環としてしている人がほとんどであり、はっきりいって下心のほうが少ないのです。

当たり前の感情ですが、相手が気になる人なのであれば必ず触れたいと思いますしキッカケ作りとしてボディタッチを活用することもあります。
男性からのアプローチを見逃すことなく、きちんと対応することで実はモテていたなんてこともあるのです。

(ハウコレ編集部)

関連記事