2021.11.13

愛され女性は機転が利く!【ピンチをチャンスに】変えるナイスリカバリ3つ!

どうもあかりです。
恋愛ではいろいろなハプニングやピンチが訪れますが、そんなときの立ち回りの上手さこそがモテる女性、愛される女性の特徴です。

今日は、ピンチにおける絶好のリカバリ方法を3つご紹介しますので、「愛される機転」の利かせ方のヒントを学んでください。
すっごい楽しみで大事と思っているデートでも、なぜか待ち合わせに遅刻しちゃう人って実は少なくないと思うのですが、何を隠そう私もその一人。
でも、デートに遅刻したとき用の最強のリカバリ術があります。
それは、「気合い入れすぎて、メイクに時間かかっちゃった」と言ってあげること。

男性がデートに遅刻した女性に怒るのは、その女性が自分とのデートを「どうでもいい」と感じている気がするからです。
ですがこうやって「遅刻したのはあなたとのデートがむしろ楽しみ過ぎるからですよ」と伝えてあげることで、怒られるどころかむしろ好印象を持ってもらうことができます。
好きな人とのデートで緊張のあまり表情が固くなって、あんまり喋れないし笑顔も少なめで、帰りながら「やっちゃったなー」と反省をしてしまうときもあると思います。
そんなときはすかさず「ごめん、今日すっごく緊張して私固かった......」と素直に本音のLINEを送ってフォローしてあげるに限ります。

こうすれば彼も「そっか、そういうことか!」と納得がいくし、むしろさりげなく好意を伝えられて気分良くなれます。
デートで緊張しがちな女性はぜひ知っておくべきリカバリ術です。
好きな人とのデートで仕事や友達の愚痴をつい喋り過ぎて、「やばい、こんな話ばっかり聞かせて、彼退屈だったかな......?」と後悔してしまうというのもありがちです。
そんなときは「○○くん、話しやすいからついこういう愚痴も話し過ぎちゃう。ごめんね」とフォローしてあげれば大丈夫です。

愚痴を言い過ぎたのは、「私があなたを頼りにしてるから」「あなたが聞き上手だから」とうまく言い訳をすることで、彼の気分を害するのを防ぎつつ、さりげなく褒めてあげることができます。

要するに、「ものは言いよう」ということですね。伝え方一つで伝わり方は180度変わりますから、今後は好きな人に対する「伝え方」を意識してみると恋愛がもっとうまくなると思います。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事