2021.10.24

やっぱ私はキープだったんだ。セカンド女になら余裕でできてしまう神行動

気になっている男性のキープ女になってしまっていませんか?
男性は本命とのキープセカンド女にする行動に違いがあります。
セカンド女にする神行動を知っておくことで、自分が本命かどうか見極めましょう。
今回は、セカンド女になら余裕でできてしまう神行動をご紹介します。
男性はセカンド女に対して、甘えん坊になる傾向があります。
これは、本命女性の前ではかっこわるいところを見せたくない、かっこよくいたいという気持ちがある一方、セカンド女に対してはその気持ちが薄いので、つい甘えてしまうのです。
彼が甘えてくることが多いと感じている人は注意しましょう。
男性はセカンド女と話をしているとき、話にとても共感してくれます。
これは、話をしている女性は気持ちよく話をすることができ、一見いいことのように見えます。
しかし、実際は、意見を言ったときケンカになるとめんどくさいという本音があるからかもしれません。
本命女性に対しては「自分のことを知っていてほしい」という気持ちがあるので、意見が違ったとしても伝えてくれるでしょう。
エスコートしてくれる男性はとても紳士でステキですよね。
しかし、エスコートしてくれるということは、デートに心の余裕があるということです。
セカンド女だからこそ、肩の力が抜けており、しっかりエスコートができるのかも。
男性はセカンド女に対しては、電話での連絡が多くなりがちです。
女性からすると、声を聞くことができる電話で連絡がきたら嬉しいですよね。
しかし、男性は声が聴きたいという理由で電話をしているのではなく、電話だと履歴が残らないから、メールを打つのが面倒くさいという理由で電話をしている可能性があります。

今回は、セカンド女になら余裕でできてしまう神行動をご紹介しました。
優しくしてくれるからといって本命とは限りません。
キープか本命か見極めるためにぜひ参考にしてみてくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事