2021.10.24

付き合いたてと全然違うじゃん。彼が冷めてきているサインとは

彼女への気持ちが冷めたときに男性が出すサインとは?
ここでは、彼が冷めてきているサインを4つご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
積極的に彼女と会いたがらないのは、彼が冷めてきているサインとして考えられます。
気持ちが冷めてくれば、彼女に会いたい気持ちが薄れるのも当然なこと。
彼女に誘われたら会うけど、自分からは誘わない男性が多いです。
誘われたら会うのも、恋人として義務的な行動をしているだけかもしれません。
彼からデートに誘われなくなったなど、積極的に会いたがらないことに気づいたら要注意!
彼女への気持ちが冷めてくると、彼女に対する興味も薄れていくもの。
その結果、彼女の話を聞かなくなるのは、男性にはよくある行動です。
彼が話を真剣に聞いてくれないのは、冷めてきているサインかもしれません。
話をしても上の空だったり、スマホをいじったりするのは、話に興味がないから。
話の内容に興味がないケースもあるので、いろいろな話題を振ってみましょう。
何を話しても真剣に聞いてくれないのは、彼女自身に興味がない証拠かも。
男性が彼女とスキンシップしたがらないのは、冷めてきているサインかもしれません。
好きな人と一緒にいれば、スキンシップしたいと思うのは自然なことです。
スキンシップしたがらないのは、彼女に対する気持ちに変化がある証拠。
彼が露骨にスキンシップを拒否するのであれば、まずは理由を聞いてみましょう。
スキンシップにも色々ありますが、手に触れたりハグする程度でも嫌がるようなら、気持ちが冷めてきている可能性が高いかも。
彼女への気持ちが冷めてきているとき、わかりやすく連絡が減る男性は多いです。
LINEの返事遅かったり、連絡がない日が増えたりするのも、連絡するのが面倒くさい気持ちから。
彼の気持ちが冷めてきているサインとして見て、間違いないでしょう。
わざと連絡を減らすことで、彼女と距離を置きたい気持ちもあるのかもしれません。

彼が冷めてきているサインは参考になりましたか?
気持ちの変化をわかりやすくサインで出している男性は多いです。
もしもサインに気づいたら、二人の関係を見直すタイミングかも。

(ハウコレ編集部)

関連記事