2021.11.25

離れさせない!相手を惚れさせる【可愛い言動】って?

実は可愛い言動だけで、相手を惚れさせることができます。反対に、言動によっては相手を怒らせてしまったり好かれていたのに嫌われてしまうということもありますよね。言動というのは簡単に気持ちが変わってしまうほど重要です。 
 
 相手を惚れさせる言動に気を付けていると、モテる女性になる可能性が高くなります。今回は、相手を惚れさせる可愛い言動について、紹介していきます。
 
単純かもしれませんが、「分かった」と言っていると、相手が自分に惚れる可能性が出てきます。相手が言うことに対して「分かった」と言っていると、あなたのことを素直で性格の良い人だと思うからです。 
 
さらに、相手から「これしてみたら?」などと言われて「分かった」と言うことができれば、自分のアドバイスを素直に受け止めてくれた気がして、気持ちよくなるはずです。 
 
話している相手に何かしてもらったときや、アドバイスをもらったときに「あなたのおかげ」という言葉を使うと、可愛いと思ってもらうことができます。さらには惚れさせることもできるでしょう。
 
 あなたのおかげだと言われると、相手はキュンとしてしまい、素直で可愛いと思われるため、他にもアドバイスしてあげたいと思うようになります。アドバイスをしているうちに距離も近くなり、いつの間にか好きになっていたということもあるでしょう。
 
「あなたで良かった」という言葉は、男性のプライドを刺激し自分を可愛く魅せることができます。褒められたり、求められて嫌な顔をする男性はいません。さらにはドキドキさせて惚れさせることもできるでしょう。 
 
 相手からすると、「あなたで良かった」が「あなたじゃないとダメだった」と求められているような気分にもなるので、告白と勘違いしてドキドキすることもあるようです。
 
「2人でここ行こう」などの「2人」という言葉は、相手を惚れさせる言動です。男性は気になっている女性とできるだけ2人になりたいと思っています。 
 
 2人と言われたら、相手も自分のことが好きなのではないかと思いますよね。女性から言われるということに意味があり、より可愛く見えるので、気になっている男性には使っていきましょう。
  
可愛い言動を使っているだけで、相手を虜にすることができるので、さりげなく使えるようにしておきましょう。
 
(ハウコレ編集部)

関連記事