2022.01.27

「あなたが運命の人♡」出張中に両思いと分かる行動って?


同僚に片想いをしていると、出張は強制的に離れ離れになってしまう嫌な仕事です。
しかし、そのように距離があるからこそ、普段よりもお互いのことを客観的に考えることができ、今まで見えていなかったものが見えることもあります。

もしかしたら、出張したからこそ両思いに気づけることもあるかもしれません。では出張中に、どんな行動で両思いだと気づけるのでしょうか。
一緒に出張に行くのなら、普段より一緒にいられる時間も長いでしょう。特に約束をしていなくても、仕事が終わった後の夜は一緒に食べることもあるかもしれません。

そんな時、向こうが予約しておいてくれたお店が普通の居酒屋やレストランではなく、まるでデートに使うような場所だと、向こうも特別視していることに気づけるでしょう。
もしかしたら、出張中に両思いだと気づくだけではなく、告白されるかもしれません。
相手と一緒に出張に行けたら幸せな仕事になりますが、実際はそんなチャンスはめったにありません。むしろ相手が出張に行き、自分は待っているだけの方が多いでしょう。

ですが、そんな時でも両思いの証は見つけられます。たとえば、移動時間中など相手が暇な時に頻繁に連絡が来るのは両思いの証だと考えられるでしょう。相手も単なる暇つぶしではなく「少しでも連絡を取りたい」という真意を持っているのかもしれません。
出張から帰ってきた時に両思いの証に気づくこともあります。
出張帰りは部署のメンバーにお土産を買ってくる人も多いですが、その時に自分にだけ特別なお土産を別にくれたら、明らかに意識されている証拠です。

しかもご当地限定のグッズや、前にちょっとした雑談で「食べてみたい」と話したことがある名物なら、脈アリどころではなく両思いだと考えても良いでしょう。
出張中は、いつもとはお互いに違う気分になります。旅行気分で一緒にいられる出張も、別々に働く出張も、だからこそ見えてくるものもあるでしょう。

出張中は仕事も大切ですが、ぜひ相手の本心もチェックしてみてくださいね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事