2021.11.30

女性は勘違いしがち!【モテるつもりが逆効果】なLINEテクを紹介!

「LINEでの印象を良くしたらモテるようになった!」というのはよく聞く話です。そういう話を聞くと「私もモテテクを身につけてモテるLINEをしよう!」と思うのも自然なことですよね。

しかし、たまにモテテクを使ったつもりでも、実は逆効果なテクを使っていて、好かれるどころか嫌われてしまう女性もいます。では、女性はどんな逆効果なテクニックをモテテクだと勘違いしてしまいがちなのでしょうか。
LINEでの駆け引きといえば、やっぱり「既読を付けても返信しない既読スルー」や「既読をつけることすらしない未読スルー」ですよね。これらのテクニックを使うことで「どうしたのかな」と男心を翻弄したい人も多いのではないでしょうか。

しかし、実はこれは逆効果。以前は確かに有効なテクニックでしたが、最近では有名になりすぎて男性にすぐバレてしまいます。また、人によっては気付かれない恐れもあるので使わない方が良いテクニックでしょう。
男性に恋バナを振られた時、わざと返事を曖昧にして男性に気にしてもらうテクニックを使う人もいますが、これも基本的には逆効果です。

男性からは「せっかく話してるんだから、普通に返答してよ!」と嫌がられてしまうでしょう。同様に、他の男性と仲が良いふりをして男性の気を惹くテクニックもおすすめできません。

「そいつと仲良いならそいつとLINEすれば?」と言われてしまう恐れもありますよ。
男性とLINEをしたいけど口実が見つからない時、友達にLINEを送ったフリをして男性にLINEを送り、LINEの口実にするという人もいるでしょう。

ですが、こういうあまりにもわざとらしいテクニックは推奨できません。バレバレすぎて男性から「このやりとりが無駄だから普通に送って!」と思われる可能性が高いでしょう。

男性とLINEをしたいなら、ストレートに伝える方が無難です。
せっかくモテテクを使ったつもりでも、方向性が間違っていると全て逆効果になってしまいます。下手をすると、付き合う寸前だった男性に嫌われる恐れもあるので、モテテクを使う時はLINE越しでも相手の反応をしっかりチェックしましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事