2021.11.29

束縛に入る?彼氏が【他の異性】との接点を嫌がる理由って?

束縛されることによって愛されていると感じるという方は少なくありません。
しかし、行き過ぎてしまうと嫌だなつらいなぁと感じることが多いです。

彼が彼女に対して他の男性との交流を制限することは束縛に繋がりますが、なぜ束縛するのか?
今回はその理由を解説します。
大好きな彼女が自分の側にいないだけで不安になる男性は多いです。
そう感じるほとんどの方は、自分自身に対して自信がなかったり、あるいは恋愛経験が少ない男性です。

側にいることに安心感を覚え、自分の側にいないことに不安感があるのです。
どうしても不安になるというのは、愛情表現が乏しいことが理由として挙げられますので、そんな彼には好きだよと気持ちを伝える機会を増やしてあげてください。
誰にも取られたくない、自分だけの彼女でいてほしいと考える気持ちはもちろん男性にもあります。
しかし、この気持ちをオープンに出す人と心に思っているだけで表面に出さない人がいます。

心で思っているだけでは束縛に繋がりませんが、口に出してしまったらそれは束縛です。
愛情があるからこそ束縛する気持ちが生まれるのですが、お互いに好きだからこそやりすぎた行動は考えるべきです。
単純に友達といる時間よりも自分との時間を増やしてほしい、誰よりも自分といる時間を大切にしてほしいという気持ちからの束縛です。
友達が異性であればなおさら側にいてくれないと困るといった、まるで小さな子供のような感情になるようです。

誰かに自分の彼女を取られたというような感情であることが読み取れます。
束縛の行き過ぎは女性からすると大変ですし辛いと感じますが、そうでなければ愛しているという愛情表現の一つとも読み取れます。
自分だけ見てほしいというような、男性特有の、自然と出てしまう独占欲というものもあります。
独占するつもりは決してないものの、男性の本能がそうさせるのです。

愛されていると実感すれば男性の束縛が緩和していくものなのです。
相手に対して束縛を少し考えて欲しいと悩んでいる女性は、相手を一番に思っていると相手に伝わる行動を取ってみてください。
すると、相手も安心し行動が変わってきます。
少し行き過ぎた束縛のように感じるものであっても、やはり大事にされているという安心感を彼が受けたいと感じているのはあたりまえの感情なのです。

(ハウコレ編集部)

関連記事