2022.01.26

不安症がなおらない...【男性の不安】をなくす為にできることって?

相手を大事に思えば思うほど、不安に駆られてしまうのは当然のことです。
大事だからこそ、好きだからこそでてしまう気持ちだからです。
できれば、大好きな相手に対して辛い思いはさせたくないと思うものです。

今回は、そんな男性にどう接すれば良いのかまとめてみます。
まず、不安症の彼は物事を全てネガティブに考えがちな傾向にあります。
そんな彼に自分以外の男性のことを伝えるのは、誤解が誤解を招く結末になることは間違いありません。

男性に関する話をすることによって、彼は間違った考え方を連想してしまうからです。
不安が余計不安を煽ってしまい、結果として彼をなだめる方が大変となりかねません。
相手に誤解を招いてしまうというのは、コミュニケーションがうまく取れていないことが理由のケースが多いです。
きちんとコミュニケーションをとれていれば、相手の考え方が読めるからです。

大好きな人であれば尚更、大事にしたい不安に思って欲しくないという気持ちが大きくなります。
コミュニケーションをきちんととって、不安を解消しましょう。
気持ちを相手に伝えるということは、相手に伝わっていると思っている内容であっても実際には伝わっていなかったというケースがあります。

好きな相手だから一緒にいるというのは、当たり前のことでありながらだからといって好きと伝えなくて良いのかといえばそうではないからです。
わかっていながらも、言葉をかけてもらうだけで不安は解消し、いつのまにか安心感すら得ることができます。
イベントは年に沢山ある中、どうしても友達を誘いがちなところがあります。
しかし、男性は仮に行けなかったとしても誘ってほしいという願望があるのです。

声をかけてくれたというのは、本来は自分と過ごしたかったのだという安心感や自信に繋がっていくからです。
気を使うことは大変ですが、気づかないだけで相手も気を使っているのかもしれませんし、もちずもたれずの関係が良いのです。
不安症の彼に対して、言ってはいけない一言がありそれは友達を優先している言葉です。
不安症というのは、束縛したいけどできないという気持ちから自ら伝える事ができず自分の心で思い続けていることから始まるのです。

つまり、相手にあなたが一番だよと分かる行動を取ることで、安心感を与えられることが出来るのです。

(ハウコレ編集部)

関連記事