2021.12.06

実際どうなの?【彼女の嫉妬】に対する男性の本音を徹底解説!

ついつい彼が女性と一緒にいるだけでしてしまう嫉妬ですが、ちょっとした嫉妬は好かれている証拠と男性も考えるものの、いきすぎた嫉妬はNGという人が多いのです。

では、なぜ嫉妬することがダメなのか男性心をのぞいてみます。
あまりに嫉妬されると少しの嫉妬であれば可愛いと感じるものの、いきすぎた嫉妬は疲れるの一言のようです。

誰でも自分だけを見て欲しいという願望があるものの、嫉妬から束縛につながりこれでは付き合いが成立しないということが多いのです。

あくまで嫉妬するのも、相手が可愛いと感じる程度にしておくことが重要なようです。
これは信用されていないのでは?と考えるのは、やはり嫉妬が原因です。相手を信じることができないから不安感が生まれ、嫉妬になってしまうという答えが生まれるからです。

決して相手を信用していないわけではないですが、このままでは良い関係を保つことができないようです。彼に誤解されないためにも嫉妬はほどほどが良いと思います。
嫉妬ばかりされていると初めは、可愛いという感情になったのに対して、付き合って日にちが経つとめんどくさいという感情になるようです。

彼にそう思われてしまっては、意味がないですし今後のことを考えると、相手の前では嫉妬しているということを隠した方が良いのかもしれないです。

男女間では考え方が違うので、女性の思いのみで行動すると良い結果は生まれないのです。
別れたいなぁと思うのは、様々な積み重ねがあり別れようと思うものですが、やはりこの感情は別れへの道しかありません。
彼が嫌だと感じてしまう行動を繰り返してしまった結果としか言えません。

相手に不快な想いをさせないように、そしてずっと素敵な彼女でいるための努力が必要です。
彼のことが大好きだからしてしまう嫉妬も彼からするとあまり良い印象は受けません。
嫉妬ばかりしているのではなく、自分自身が好きになってもらう努力を付き合ってからもするべきです。

(ハウコレ編集部)

関連記事