2021.12.03

自分のせいかも?男性が彼女に「好き」を伝えなくなった理由

交際直後はあんなにたくさん「好き」と言ってくれたのに、今ではあんまり、というかほとんど言ってくれなくなった。彼氏にこんな不満を抱いている方はいませんでしょうか?

もしかしたらそれ、彼女であるあなたのせいかもしれません。
今回は、男性が彼女に「好き」を伝えるのを止めてしまうきっかけを3つご紹介していきます。
付き合ったばかりの頃は「好きだよ」と伝えたら、彼女も「嬉しい、幸せ♡」と大喜びしてくれていたのに、いつしか「ありがと~」と気の抜けたリアクションになってしまってはいませんか?

当たり前ではありますが、「好き」と伝えるのは彼女に喜んでもらうためです。その肝心の喜びが見れなくなってしまえば、愛情表現のモチベーションは失われてしまいます。
いつまでも新鮮なリアクションをしてあげてください。
せっかく「好き」と彼女に伝えても、それに対して「お返し」がないと、彼氏はだんだんと張り合いがなくなって愛情表現を止めてしまいます。
「お返し」というのは、文字通り、彼女からの愛情表現です。

彼氏はたくさん「好きだよ」って伝えているのに、彼女の方からはとくに愛情表現がない。
そうやって愛情表現が一方通行になってしまうと「なんで俺だけ?馬鹿みたい」という気分になって、次第に愛情表現を減らしてしまう男性が多いです。
たしかに男性は、ときに「俺はお前に会うために生まれてきた気がする」みたいなキザな愛情表現をしてきます。

だけど、いくら自分の彼氏がこういったキザ過ぎる愛情表現をしたとしても、それを小馬鹿にしたようなリアクションはいけません。「男子ってすぐそうやって大げさなこと言うよね~(笑)」みたいにね。

いくらキザに思えても、本人からすれば大真面目です。一度小馬鹿にしてしまうと、二度と同じような愛情表現はしてもらえなくなるし、同じようなことを思ってももらえなくなります。
恐怖を煽ってしまったかもしれませんが、要するに、彼女がきちんと彼氏の愛情表現に感謝して、お返しをしてあげれば、彼氏はいつまでも「好き」と伝え続けてくれるはず、ということです。

「最近、彼氏が好きって言ってくれない」となってからでは遅いので、そうなる前に予防策を打っておきましょう。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事