2021.12.06

気の迷い?男性が【元カノとの別れ】を後悔する瞬間って?

今日は《男性心理について学ぼう》ということで、男性が元カノと別れたことを後悔する瞬間を3つご紹介していきます。

元カレがあなたに連絡をしてくるのも、きっとこの瞬間のどれかなのでしょうね(笑)。
では参ります!
一人きりの部屋で眠りにつこうとベッドに入って、「さみしいな」って気分になって、でもそこで彼女に電話したり、彼女をそこに呼んだりすることはもうできないんだと実感したとき、男性は別れたことを後悔しがちです。

逆に言うと、《二人で眠るとき》に男性が一番強く幸せを感じていたという証拠ですね。
実際、男性が元カノに連絡をしたり、逆に元カノへの未練を断ち切るためにマッチングアプリを開いたりしてしまいがちなのもこの瞬間です。

元カレからのLINEを読んだり、マッチングアプリ上で男性とメッセージのやりとりをしてるときには「この人今ベッドの中で泣いてるのかな~」と想像してみてあげてください(笑)。
これもいかにもありがちですね。
クリスマスとかバレンタインとか夏祭りとか、《カップルで過ごしたいイベント》の季節になったときにも、男性は元カノに対する喪失感に打ちひしがれます。

逆にそういうカップル用のイベントを久々に一人で過ごすことのさみしさを乗り越えることができると、ようやく別れを本当の意味で受け入れることができるようにもなる、という面もありますよね。
元カノと別れて、新しい誰かを好きになろうとか、「女の傷は女で埋めよう」と気を紛らわせるつもりで元カノ以外の女性と会ったときは、実は男性が一番元カノと別れたことを後悔する瞬間かもしれません。

その別の女性との対比によって、《元カノの素敵さ》が一番際立って見えてしまう瞬間だからですね。これは女性側でもあるあるかもしれません。

ここで何とも感じないか、それとも凹んでしまうかで、自分が昔の恋をどれだけちゃんと乗り越えられているかがチェックできてしまいますね(笑)。
読んでお分かりの通り、男性が元カノと別れたことを後悔して、久々に連絡をしてくるのは、必ずしもずっと後悔しているわけではなくて、一人で眠るのがさみしい、イベントを一人で過ごしたくないなど、一時的で刹那的な感情によるものです。

《一瞬の気の迷い》と呼んでもいいような一瞬の感情です。

なので、元カレとヨリを戻すのはぜひ慎重に。あくまでも《一度終わった相手》だということは忘れないでくださいね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事