2021.12.02

見逃さないで!年上の男性が出す「甘えたい」サインを三つ紹介♡

年上の男性に甘えられる状況って、正直あまり想像できないという人も多いのではないでしょうか。しかしながら、普段は頑張っているからこそ、心を許した相手の前で甘えたくなるのは誰でも同じことです。

年上の男性も、自分の恋人や恋人になってくれそうなほど親しい女性の前では甘えることもあるでしょう。では、そんな時に年上の男性は、どんなサインを出すのでしょうか。彼らが甘えたい時に出すサインを知り、安心して甘えられる雰囲気を作ってあげるようにしましょう。
「最近残業が多くて」とか「新しく来た部下がちょっと困った奴で」とか「新しい上司と気が合わなくて部下との間で板挟みになってる」など、仕事の愚痴が増えているのは、実は年上の男性が出す甘えたいサインなのかもしれません。

そういう大変な状況でも頑張っていることをアピールすることで、女性の方から甘やかしてくれることを期待している可能性は非常に高いでしょう。
頑張ってることをアピールするのは子どもっぽくて恥ずかしいと考える年下の男性もいます。そういう男性は、頑張っていることではなく成果を出したことをアピールしてくるでしょう。

一瞬「自慢したいのかな?」と思えるくらい成果を出したアピールをしてくるのです。ですが、もちろん自慢したいわけではありません。単に成果を出した自分を労ってほしいだけですので、褒めるような形でたくさん甘やかしてあげてください。
いつもより近くに来ることで甘えたいアピールをする人もいます。たとえば普段は手の触れない距離でテレビを見てるのに膝枕を要求してきたり、動けば肘がぶつかってしまうような場所に座ることもアピールの一つとなるでしょう。

このように言葉で伝えようとせずに行動で伝えようとするのは、プライドが高くて素直に言えない年上男性ならではの行動かもしれませんね。
年上の彼氏と付き合っていると、甘えたいサインを出されても非常に分かりづらいものです。「はっきり言ってよ!」と思うかもしれませんが、それが言えないのも年上男性の魅力。自分で気付き、彼のことを甘やかしてあげましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事