2021.12.05

「あの子めっちゃ良いなぁ」職場で高嶺の花になる方法とは?

社会人にとっての職場と言えば、仕事をするためだけの場所ではありませんよね。

もちろん仕事が最優先ですが、職場で親友と出会うという人もいれば、人生の師となるような尊敬できる上司と出会う人もいます。中には、素敵な恋人が見つかる人もいるでしょう。

もちろん、特に恋人を探しているわけではなくても、なんとなく職場でモテてちやほやされる存在になりたいという人もいるのではないでしょうか。

では、どうすれば職場で高嶺の花になれるのでしょうか。誰でもできる簡単な方法を紹介するので、ぜひ真似して男性心を掴んでみてください。
職場では普段から自分自身の仕事で忙しく、誰でもできるような雑用は新入社員や自分の後輩にお願いしているという人も多いのではないでしょうか。

もちろんそれでも問題ありませんが、自分でできるような雑用まで後輩に任せると、男性から嫌な女性だなと思われかねません。そんなに時間がかからない雑用なら、自主的にやった方が周囲からの印象も良くなり高嶺の花に一歩近づけるでしょう。
機嫌が悪い時や忙しい時、疲れが溜まっている時などは挨拶も仏頂面でしてしまいがちですが、それでは気分屋で面倒な女性だと男性に誤解されてしまう恐れがあります。

高嶺の花を目指すのなら、どんな状況でも笑顔で挨拶をする癖をつけましょう。周り全員が忙しい時ほど、その笑顔に癒されてこっそりファンになる男性も増えるはずです。
誰かに頼ると迷惑になってしまうのではないかと考えて、遠慮する人は多いですよね。ですが、高嶺の花になりたいのなら、恐れず周りの人を頼ることを覚えましょう。
頼った後、相手に笑顔でお礼を言うだけで相手も「頼られて良かった!」と思うでしょう。

また、自分から頼ることで相手も頼りやすくなり、コミュニケーションが生まれることもあります。自分一人だけで頑張っていてもなかなか周りの人と接することはできないので、意識的に頼ることで男性からの印象が良くなること間違いなしです。
職場で高嶺の花と呼ばれる存在になれば、期待していなかった人でも出会いが見つかるかもしれません。また、自分自身も働きやすくなるでしょう。
ぜひ周りの男性の憧れの存在を目指してみてくださいね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事