2021.11.30

【星座x血液型】「安定した恋愛ができる組み合わせ」TOP6<後半>

スリルのある恋愛もドキドキするものですが、やっぱりお付き合いは安定しているのがイチバン……と思うことも多いですよね。

後半は、十二星座と血液型の観点から、「安定した恋愛ができる組み合わせ」1~3位をチェックしてみましょう。
相手に対して大きくでるところの多いしし座ですが、A型は相手にたいする配慮が大きいタイプに該当することが多いでしょう。
対しておうし座のO型はおおらかで落ち着きがあり、時に思いつきで好き勝手な行動をするしし座A型のことを、機嫌を損ねることなくゆったりと見守ってあげるような雰囲気があるでしょう。
おうし座さんはお付き合いをすると、付き合う前よりも自己主張が激しくなることが多いですが、しし座A型はそんなおうし座O型さんの願いを叶えることに労力を使うことも幸せと受け止められる、良い関係となりそうです。
どちらも、ちょっと変わり者として扱われることが多いかもしれません。
ふたご座B型は基本的に非常に明るい性格ですが、何を考えているかわからない底知れないところがある、と思われることも多いでしょう。
良き理解者になれるのが、てんびん座のB型です。
2人とも双方が、感情とは切り離された理性の判断力で行動することができるため、良し悪しの世界でぶつかることがなく、1つの事象に対して同じ意見で取り組むことができる2人となります。
第1位は、さそり座O型×おひつじ座A型。。

さそり座のO型は、おおむね「大雑把」と言われるO型のなかでも、細かいところを比較的気に掛けるタイプが多いようです。
おひつじ座A型も同様で、あちこちと思いつきで動いているように見えますが、実際にはかなり緻密なところも考えたうえで行動を取りますし、計画が崩れることをあまり好まず、早め早めに予定を立てるタイプでもあるでしょう。
さそり座さんもそんなおひつじ座O型の行動パターンをよく見ていて、チャンスとあればしっかりと行動にうつせることを尊敬もしているようです。
反対におひつじ座からは、さそり座O型の決断力や思慮深さに対して尊敬がみられますので、お互いに相手の価値を認めることのできる安定した関係になることが予想されます。


(あん茉莉安/占い師)

(ハウコレ編集部)

関連記事はコチラ▼▼

関連記事