2021.11.30

「マジでないわ」既読めちゃおそ男をおすすめしない理由

 

LINEの既読が遅いからと言って、すぐに脈ナシというわけではありませんが、特別な理由もないのに、いつも既読が遅い男性はあまりおすすめできません。
既読めちゃおそ男をおすすめできない理由を4つご紹介します。
 
既読が遅い男性は複数の女性と連絡を取っており、一人がダメだったら次の女性、そしてまたダメだったら次の女性と優先順位をつけている可能性があります。

あなたの既読が遅いということは、あなたの優先順位は低いということなので、優先順位の高い女性から連絡がくれば、彼はすぐにそちらに行ってしまいます。
このような男性は浮気する可能性も高いので、アタックするのはやめた方がいいでしょう。
 
既読が遅い男性は、LINEが苦手なので丁寧に文章を考えている可能性があります。
しかしいくら丁寧なLINEでも、返事が遅すぎると話が進まないですよね。

「映画行きませんか?」と勇気を出して連絡をしたのに、3日間も既読にならずその後「どんな映画がいいかな。俺あんまり映画くわしくないから調べておくよ。場所は○○の方がいいよね」といわれてもテンションが上がりませんよね。

わざわざ長文で返してくれるより「いいね!いつ行く?」と短くてもレスポンスが早い男性の方が盛り上がること間違いなしです。
 
既読が遅い男性は自由人でしばられたくないと考えている人も多いです。
そのため連絡は気が向いたらすればいいと必要最低限にしていることもあります。
好意があっても自分のペースは乱したくないと考えているのです。

お互い自由人であれば気にならないかもしれませんが、気まぐれなので付き合えたとしても振り回されることが多く女性の方が疲れてしまいます。
自己中でナルシストの可能性もあるので、既読の早さだけではなく、彼の仕草や行動なども合わせて判断しましょう。
 
既読が遅いということはあなたに全く興味がないという気持ちの表れでもあります。
好きな気持ちに気づかれたくないと即既読にしない男性もいますが、好きな女性であれば一日以内には返事をしたくなってしまうものです。
全く興味がない人を振り向かせるのはかなりの体力がいります。
 
既読が遅いことは悪いことばかりではないですが、苦労することもあります。
どんな男性なのかしっかりと見極めてアタックするようにしましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事