2022.01.10

「やめとけばよかった。」浮気して後悔する男性の心理とは?

浮気したのは自分なのに、いざ別れるとなると後悔する男性っていますよね。浮気された側からすると「後悔するのになんで浮気したの?」と言いたくなってしまいます。

浮気してそれが本命にバレたら、今まで通りの付き合いができなくなるリスクくらい誰にでも分かるはずだとも思いますよね。

そこで今回は、浮気したのに後悔する男性心理について紹介します。
浮気する男性にとっては、浮気は浮気でしかなく、本命に対する気持ちは本命にだけしかないものです。そのため、浮気と本命は全くの別物なので、そこを分かってほしいと思うのでしょう。

しかし、そんな自分勝手な言い訳を分かってもらえるはずもありません。自分の気持ちは本命にしかないのは確かなのに、つい浮気をしてしまったからこそ後悔するのですね。

ただ、ちょっとした出来心という心理は持っていますよ。
浮気する男性は、その場の快楽のことしか考えられなくなっています。浮気するときに「浮気したら彼女から捨てられる」「彼女が悲しんでしまう」「彼女との未来がなくなる」というリスクをすっかりと忘れてしまうため浮気ができるのでしょう。

言い訳としては「その場の雰囲気に流された」になりますね。先のことを考えられなかったからこそ、浮気がバレたときにとても後悔するのです。
浮気したのに後悔する男性心理には「バレないと思っていた……」というものもあります。浮気する男性のほとんどがバレないと思ってしているでしょう。しかし、浮気はなぜか簡単にバレてしまうことが多いですね。

「自分は大丈夫」と思っていたのにバレて痛い目に遭ったため後悔してしまうのです。自分を大目に見すぎているのでしょう。
浮気した男性の中には「もしバレたら本命を失ってしまう……」という恐怖に駆られる人もいます。この恐怖は浮気した後にしか出てこないため「なんでもっと早く……」と後悔してしまうのでしょう。

まだ浮気がバレていない段階ですでに本命を失う怖さを感じているため、その態度で浮気したことがバレることもありますよ。
浮気する男性は多いように見えますが、実は浮気を後悔している男性も多くいます。それでも浮気をやめれない男性もいるので見る目を養うしかないですね。(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事