スキンシップ

2022.01.17

ん~物足りないっ!【スキンシップ】が少ない男性の心理って?

好きな人と恋人同士になったのに、スキンシップが少なくて不安な気持ちになってしまうことってありますよね。

特に女性から見ると男性は何を考えているのかわかりにくいですよね。

今回はそんなスキンシップが少ない彼氏の心理を見ていきましょう。
日本人はもともと欧米人に比べてもスキンシップが少ないまま子供から大人に成長していくので、たとえ恋人同士になったから急にスキンシップOKと言われてもどうしたらいいのかわからないという男性もいるようです。

そんな時はあまり焦らず、ゆっくりと距離を縮めていくのがいいのかもしれませんね。
時には女性から積極的に動いてみるのもいいのではないでしょうか。
恋人同士になったけど、もともと恋愛慣れしていない男性だと、一歩踏み出す勇気がなかなか出ないというケースもあるようです。

どこまでなら許されるのか、こんなことしたら嫌われるのではないかなどとつい考えすぎてしまうのかもしれませんね。
以前はスキンシップも多く仲が良かったのに、最近は減ってきたなんて場合は相手があなたに飽きてしまったという可能性も考えられます。

長く付き合っていると倦怠期を迎えてしまうカップルは少なからずいるので仕方ないことかもしれませんね。一度二人の関係について話し合う必要があるかもしれません。
もともと、他人とベタベタするのが苦手という男性もいるようです。彼女だからとか女性だからとか関係なく、元々のパーソナルスペースが広いというのが理由のようです。

そういう相手に対しては、あまり無理強いすると恋愛に対して嫌悪感を抱いてしまう可能性もあるので、相手の気持ちを考えながら慎重に距離を縮めていく必要があります。
恋人同士なのにスキンシップが少ないのにはいろいろな理由があることがわかりますよね。

参考になったでしょうか。相手はどんな気持ちでいるのかよく考えて、一方的にならないように距離を縮めていってみてくださいね!

(ハウコレ編集部)

関連記事