2022.01.21

ずっと一緒にいたい!【相思相愛】でいるために必要なコトって?

せっかく好きな人と交際することができても、長続きしないことはいくらでもあります。

ですが、好きで付き合い始めたのですから、できるならいつまでも相思相愛でいたいものですよね。

ずっと付き合い続けて結婚までできればそんなにいいことはないでしょう。

そこで今回はふたりが相思相愛でいる方法についてご紹介します。
恋愛はフィフティーフィフティーだという人が少なくありませんが、何かをしたから何かを返せという思考は恋愛において良いものだとは言えません。

好きという気持ちは何かをしてあげたいと思うことと同義でもあるので、相手に求めるのではなく、自分が相手に何をしてあげられるかを考えましょう。

あげた分を返せと考える人は返してもらえないときに大きな不満を感じますので、交際を続けていく上で非常に不利です。

長く付き合っていくには、能動的に不満を持つようなことは避けることが一番です。
恋人と過ごす時間だけになってしまうと、心に余裕がなくなり、精神的にも窮屈になることで別れてしまうケースがあります。

そんな事態を避けるためにも、ふたりで過ごす時間だけではなく、お互いに自分の時間も持つようにして精神のバランスをとるようにしましょう。

恋人だけと過ごしていると、息抜きができませんし、気分転換もできません。お互いに1人の時間を大切にしていけば、心に余裕ができ、ふたりの関係性も俯瞰して見られるようになるので、よりよい関係が築けるでしょう。
付き合っていれば当然ケンカもします。ケンカ自体はガス抜きにもなるので、してはならないことではありません。

むしろ長く付き合っていくためにもケンカでガス抜きすることは重要です。「ケンカするほど仲が良い」ということわざはあながち間違いとは言えないのです。

しかし、ケンカがこじれて別れてしまうというケースも決して少なくありません。
別れに繋がるケースは、謝るタイミングや謝り方に問題がある場合が多いと言えます。
ケンカをしてしまったのなら、基本的にはその日の内に終らせるようにしましょう。翌日などに持ち越すと、謝るのも難しくなります。

また、謝るときは素直に謝り「私も悪いけど〇〇も悪い」といったような相手を責めるような謝罪は避けましょう。納得いかなくても、ケンカをした場合はその日の内に自分の非を認めて謝るようにするのがおすすめです。
今回はふたりが相思相愛でいる方法を紹介してきました。
誰でも恋人とは永遠に一緒にいたいと思うもの。しかし、ちょっとしたことでもめたり別れに至ったりすることも少なくありません。

長く付き合っていくには、ほんの少しのコツと気持ちの切り替えが必要になってきます。
基本的には相手に求めず、自分が何をすべきかという視点で物事を考えることができれば、上手くいくことでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事