2022.01.14

友達→恋人へ♡男性心理の観点から【効果的なアプローチ】を解説!

男友達を好きになってしまった経験を持っている人は、意外と多いのではないでしょうか。ですが、友達としての関係性があるからこそ、上手にアプローチができずに諦めてしまう人も多いと言われています。

ですが、実は友達の関係から脈アリにするのはそれほど難しいことではないのです。どうすれば効果的に動けるのか、男性心理の観点から解説していきます。
誰もがとまどってしまいがちですが、まずは恋心を伝えましょう。恋心を伝えないままに一般的なアプローチをしても、相手の男性も困ってしまいます。

アプローチをする前に恋心を伝え、自分のことを一人の女性として見てもらうのがおすすめです。その方が相手もドキドキして、吊り橋効果によってアプローチの効果も高まりますよ。
男性としては、今まで友達だった人からアプローチをされてもどう反応して良いのか困ってしまいます。そのため、脈アリにするためのアプローチは雰囲気を重視しましょう。

「今までとは違う付き合い」を強調することで、男性のスイッチも友達モードから恋愛モードに切り替わります。一度スイッチを切り替えた方が、男性も真剣に考えて食えるので脈アリ二なる可能性も高まるでしょう。
男友達に意識させたいなら、一度で告白を終わらせてはいけません。相手が忘れていそうなタイミングで「私、好きって言ったけど覚えてる?」と何度も告白しましょう。雰囲気の良いバーや、飲み会の帰りに二人きりになった時などがおすすめです。

返事を濁してしまわないように牽制しつつ、雰囲気を重視して何度も告白させることで、相手をドキドキさせるのです。

次第に、二人きりになると相手がソワソワするようになったら、もう脈アリになったと考えても良いでしょう。
そもそも、男女の友達として長く付き合えている時点で二人の相性はかなり良いと考えられます。それは友達だけではなく恋人として接する場合でも同じでしょう。

素敵な恋人になるために、勇気を出してアプローチをして、単なる女友達から脈アリな女性に変わっていきましょう♡(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事