2022.01.24

「男心わかってんな...」男性心理を知って倦怠期を乗り越えよう!

長く付き合っているカップルでも、倦怠期により別れてしまうというのはよく聞く話ですよね。しかし、倦怠期を乗り越えるカップルも決して少なくありません。

そこで、倦怠期の男性心理と対策についての情報をお送りしていくことにします。
倦怠期というのは片方が一方的に感じるものではなく、不思議なことに双方感じるものです。ですが、その時の心理は全く同じというわけではありません。

それぞれ、違う思いを持って、何となくパートナーに飽きてしまったような錯覚に陥るのです。そんな中で、男性は「会うのが面倒くさい」という心理を持ちます。

嫌いと思っているわけではありませんが、何となく会うのが億劫になっているのです。
こんな時には、会う頻度を減らし、かつ男性が喜ぶようなことを中心に誘ってみましょう。
プランを考えるときも、彼氏任せにしないでなるべく自分でかんがえてみましょう!

更に、彼に自分の行きたい場所につきあってもらうのではなく、彼が出かけることを負担だと思わないところまで自分が足を運ぶようにしましょう。
付き合い始めは、お互い大好きという気持ちが明確になっていますので、一緒にいて何もしなくても楽しかったはずです。ですが、日が経つにつれ何かをしないと楽しめない状況になり、ドンドン刺激に慣れてしまいます。

嫌いではないものの、好きという気持ちにも新鮮さは感じられず、あなたといることに飽きてしまいます。

実は男性がそう感じているなら、あなたの方も似たような感情を抱き始めているはずです。
そういう意味でも2人のために今までしたことがないことにチャレンジしてみましょう。
外的要素ではあるものの、お互いが新鮮で楽しいと感じることが出来れば、愛情の方も再び蘇ってきます。

レジャー面だけでなく、いつもと違うシチュエーションでイチャイチャするのもおすすめです。また、アウトドア派だったならインドア派へ、インドア派だった場合はアウトドア派に切り替えるというのも1つの手です。
倦怠期になると、相手のやることなすことが鼻に付いたりします。
特に、元々相手の欠点だと思っていたところが、「ガマン出来ないレベル」の悪いところにまでレベルアップしてしまいます。

また、これまで感じてこなかった相手の欠点にも気付くようになり、そればかりが気になるようになるのです。
しかし、付き合いも長くなれば、相手の悪いところがドンドン見えてくるものですが、逆をいうと相手の良いところも分かってきているはずなのです。

ネガティブな部分はあえて無視して、ポジティブな面に意識がいくようにしましょう。
倦怠期の男性心理と対策についての情報をお送りしました。
倦怠期は双方がパートナーを嫌いになった、飽きたということでは決してありません。

何となく交際に対して閉塞感を感じている状態なので、それが解消されれば、愛はより深まるケースの方が多いのです。倦怠期のどんな時に男性は何を感じ、何をすれば対策になるかをシッカリ考えて見てくださいね!

(ハウコレ編集部)

関連記事