2022.05.16

百年の恋も冷める!男性が本命女性に【冷める瞬間】とは?

男性から本命女性として思われていても、その気持ちが永遠であるとは限りません。恋人がいても心変わりをしたり、結婚していても浮気をしたりする人がいるように、少し「良いな」と思う人がいても、ちょっとしたことで気持ちが冷めてしまうことは多いでしょう。

では、特にどんな瞬間に「やっぱりこの子のこと好きじゃないかも」と気持ちが冷める男性が多いのでしょうか。3つの瞬間を紹介していきます。
誰でも、好きな人はしっかりしている人の方が良いですよね。そのため、女性がマナー違反をしている姿を見てしまうと、気持ちが冷める男性は多いようです。

ゴミのポイ捨てや列への割り込みなど、周りの人に迷惑をかけるようなマナー違反は、特に一気に気持が冷めてしまう人が多いでしょう。無意識のうちにそういう行動をしてしまいがちな人は気を付けてくださいね。
「あの子が本命女性だ!」と思っていても、実はそれほど親しくないケースもあるでしょう。そのためアプローチの途中で色々と話してみて「なんか思ってた性格と違う」や「思ったより気が合わなさそう」なんて感じると、冷めてしまう男性もいるようです。

残念ですが、この場合はそもそものお互いの相性が悪かったので、付き合っても上手くはいかないでしょう。「私もその気になってたのに!」と思うかもしれませんが、切り替えて次の恋を探しましょう。
男性から本命女性として愛されていると思うと、なんとなく嬉しくなって悪女を気取りたくなる人もいるかもしれません。思わせぶりな態度をとって、それに反応するのを見て楽しむ人もいるでしょう。

ですが、そのように男性をからかってると、彼も嫌な気持ちになってしまいます。当然、そういう行動が原因で冷められてしまうこともあるでしょう。彼からの好意が嬉しくても、それを弄ぶような行動はやめましょうね。
本命女性だと思っていても、ふとした瞬間に男性の気持ちが冷めてしまうケースは少なくありません。彼の好意に油断していると、いつの間にか彼の恋が終わることもあるでしょう。

彼から本命だと思われていることに気付き、自分でも彼のことが嫌いじゃないのなら、早めに自分からも好意を返していきましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事