2022.05.19

「もしやこの人が私の...♡」彼を【運命の人】だと感じた瞬間とは

「運命の人だと思ったから結婚したの!」や「付き合ってから分かったけど、やっぱり彼が私の運命の人だった!」なんて話を友達から聞くと、「やっぱり運命の人っているんだ!」や「私にも早く運命の出会いが訪れないかな」なんて気持ちになりますよね。

では、実際に運命の人に出会った経験を持つ人はどういう出来事がきっかけで、その運命の出会いに気付けたのでしょうか。自分に訪れる運命の出会いを見逃さないように、覚えておきましょう。
なんと、運命の人には出会った瞬間にお互いが分かるケースが多いようです。二人とも初対面なのに「絶対にこの人と結婚する!」とか「この人と一緒にいたい!」と強く感じて、結ばれた人たちが多いんだとか。

その場合、実際に付き合って一緒にいるようになってから「そういえば、初対面の時にこういう風に思ってたんだよね」とお互いに打ち明けあい「これって運命だったんだね!」と自覚するカップルも多いみたいですよ。
初デートの時に相手が運命の人だと気付くケースもあります。たとえば、お互いに緊張していて、それほど共通の話題もないはずなのに、ちょっとした話題がどんどん広がって盛り上がり、話題が途切れないと「気が合う!」と感じて運命を実感する人は多いでしょう。

普段は人見知りで初対面の人とのコミュニケーションが苦手だからこそ、その人が特別な存在であると気付ける人もいるようです。
運命の人とはすぐに結ばれるわけではありません。お互いに強烈に惹かれあっていても、転勤などの理由で離れてしまうこともあるでしょう。ですが、一度は疎遠になってしまっても、やはり引き寄せられる運命にあるのが、本当の運命の人です。

意識していなくてもまた会うことができて、その時に初めてお互いに「もしかして、この人が自分の運命の人......?」となるのかもしれません。
誰でも必ず運命の人は存在していると言われています。一目で分かる運命の出会いもあれば、お互いに少し知り合って時間が経ってから運命に気付くこともあるでしょう。

もしかしたら、既にあなたも運命の人に出会っていて、知らないうちに親しくなっているかもしれませんよ♡(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事