2022.05.19

居心地が悪っ!同棲中の彼氏と【大喧嘩後】に仲直りする方法3選


同棲しているとケンカした後の仲直りが離れているカップルよりしやすくなるというメリットがありますよね。しかし、同じ空間にいる分仲直りするまでの居心地の悪さを感じることもあるでしょう。

仲直りするまでの期間が長くなればなるほど、気まずい時間が長くなってしまいます。家にいるのに落ち着かない状態にストレスを感じて、彼氏のことがもっと嫌になるということもありますよね。

ケンカした後は早く元通りに戻りたいもの。そこで今回は、同棲中の彼氏と大ケンカした後に仲直りする方法についてご紹介します。
ケンカしたあとは相手に声をかけるのも嫌なものです。しかし、そこをあえていつもと同じようにしましょう。寝るときは「おやすみ」、朝起きたら「おはよう」などと声をかけることで、彼氏の気持ちも和らぎます。

仲直りができないのはきっかけがないからです。挨拶をすることで、いつもと同じように声をかけていいという空気作りをすることが出来るのです。あなたから仲直りしようと言わなくても、彼氏の方がそう言ってくれることもあるでしょう。
ケンカしたあとに彼氏と同じ空間にいたくないと感じることもありますよね。別の部屋があればそこに行けばいいですが、ワンルームの場合だとそうもいきません。そんなときは、いったん外出しましょう。

何も言わずに出かけると彼氏も複雑な感情になります。「少し離れたいから 1 時間後に戻る」などと帰ってくる時間を伝えることで彼氏も気持ちの整理をする時間ができます。お互い冷静になることができるので、帰ってきた後に仲直りしやすいですよ。
ケンカが大きくなってしまうのは、お互いにヒートアップするからです。相手が怒っていることで、自分もイライラしてくることってありますよね。

言いたいことを言い合ったとしてもそれは話し合いではありません。そこで、伝えたいことを紙に書きましょう。

文字にすることで客観的にケンカについて考えることができます。お互いに相手の言い分を冷静に判断することが出来るので、話の落とし所を見つけやすくなるのです。
ケンカが長引けば長引くほど溝が深くなってしまいます。考える時間も必要ですが、早く仲直りができるように行動してみましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事