2022.05.20

やっぱり彼がイチバン♡彼氏を愛していると実感できる方法

彼との付き合いも長くなってくると、最初は「一緒にいられるだけで幸せ!」と思っていたのに、最近では「一緒にいるのが当然」になってしまい、彼のありがたみが薄れてしまうこともありますよね。

そうなってしまうと、彼へのドキドキを失い、倦怠期に陥ってしまう可能性もあります。
倦怠期やマンネリを避けたいなら、彼を愛していることをしっかり実感することが重要です。

どうすれば自分の気持ちを自覚できるのか、3つの方法を紹介していきます。
まずは、彼とのデートを想像してみましょう。その時「面倒だなぁ」とか「早く終わらないかなぁ」という気持ちが強ければ、残念ながら彼への気持ちは尽きかけていると言わざるを得ません。

一方、彼に会えることが嬉しく、次のデートが楽しみになるようなら、それだけ彼のことを大好きだと思い、彼への気持ちを強く持っていることを実感できるでしょう。
仲良しなカップルでも、普段からずっと一緒にいるわけではありませんよね。彼となかなか会えない時には、自分がどういう気持ちを抱いているのか見つめなおしてみましょう。

彼と全く会う時間が取れないのに、気付いたら彼のことを考えていないでしょうか。

「この料理、彼の好きそうな味だな」のように自然と彼のことを考えて、彼が生活の一部になっていないでしょうか。

そうであれば、彼への気持ちはマンネリな恋心ではなく、安定した愛情に変化したと考えられます。
どうしても彼の気持ちが分からないのなら、一度思い切って彼と別れた後の生活を想像してみましょう。今まで一緒に過ごしていた休日の予定も空白になりますし、LINEなどもしなくなります。

そんな時「自由に時間が使えるから友達と会おう!」とワクワクするでしょうか。それとも切ない気持ちになるでしょうか。

もし切ない気持ちになるのなら、彼は既に自分にとって酸素のように、普段は意識しないけれど必要不可欠な存在だと思って良いでしょう。
付き合いが長くなってくると、どうしても彼への気持ちに慣れてしまう日が来るでしょう。

そんな時、マンネリだと誤解して彼と別れるのか、愛情になったと自覚できるかで、二人の運命は大きく変わります。彼への気持ちとしっかり向き合い、愛情を実感してくださいね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事