2022.05.28

俺、この子と運命かも♡男性が運命を感じちゃう3つの瞬間

この世界に運命なんてものが実在するのかどうかは誰にもわかりませんが、「運命かも!?」と感じてしまう瞬間があるのは事実です。

ということで今回は、男性側の視点で、「この子と俺は運命では?」と感じる瞬間を3つご紹介していきます!
「こういう人が好き」とか「こういう人は信用できない」とか、人や物事に対する価値観ってまさに人それぞれですが、だからこそ、自分と自分の好きな人の価値観が一致したときには、「これは!」と感動するものです。

趣味が一緒とか、好きな食べ物が一緒とかよりも、こっちの方が本質的なので「運命」感は強いです。もしも好きな彼の話を聞いていて「あ、それ私も同じような考え方なんだよな~奇遇~」と思うことがあったら、積極的に「私もそう!」と言ってあげてください。
付き合った後、男性はよく「俺はこのタイミングでお前に惚れてたんだよ~、実は」みたいなカミングアウトをしてきますが、そこで彼女が「私も実は、その時点であなたのことイイなと思ってたよ」みたいに言ってくれると、男性は運命を感じます。

「実はほぼ同じタイミングで相手のことを好きになってた」ってたしかにロマンチックですよね。少し悪いことを言いますが、これは仮に嘘を言って彼に話を合わせても、基本的にバレっこないですから、とりあえず彼に運命を感じてもらうために「私もちょうどそのタイミングであなたのことをイイなと思ったの!」と言っても良いと思いますよ(笑)。
「好きだよ」と言ったり、キスしたりみたいなわかりやすいあからさまな愛情表現ではなく、日々「お疲れ~」と何気ないLINEを送ったり、デートのときに毎回手を繋いでくれたりみたいなすごく些細な愛情表現に対して、「すごく嬉しいよ」と感謝してあげると、男性は「こういうの、ちゃんと気付いてくれて嬉しいな」と運命を感じます。

心と心が通じ合ってるのを実感できるからでしょうね。わかりやすい愛情表現だけじゃなく、些細な愛情表現にこそアンテナをビンビンに張ってあげて、気付いたらすぐに指摘してあげましょう。
二人の出会いが本当に運命かどうかは誰にもわかりませんが、仮に二人が運命じゃないとしても、好きな彼に「運命だ!」と感じてもらうことの方がはるかに大事です。ぜひみなさんも、「運命演出」を試してみてくださいね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事