2022.08.19

彼の本心は?「好きだけど付き合えない」に隠された男性の本音とは?

片思いの相手に「好きだけど付き合えない」と言われた経験はありませんか?こんな風に言われると「どうしてなんだろう」と気になりますよね。また、このような発言をする男性と、今後関係が進展する可能性はあるのでしょうか?

そこで今回は「好きなのに付き合えない」の言葉の裏に隠された男性の本音を解説します。
彼女ができると、連絡を取り合ったりデートをしたりなど、ある程度恋愛に割く時間も必要になってきます。忙しいからといって恋人を放置していると、寂しい思いをさせてしまい罪悪感を抱いてしまうでしょう。

忙しく、恋愛をする余裕がないため「好きだけど付き合えない」と言う男性もいます。今後、彼のプライベートの状況が変われば、彼女になれるかもしれませんね。
あなたには隠しているけれど、実は彼女がいるというパターンも。すでに別れ話になっていて関係は破綻しているものの、完全に関係が終わっていない場合もあり得ます。

「今はまだ君とは付き合えない。でも彼女と別れたら付き合いたいと思っている」という意味で「好きだけど付き合えない」と言ったのかもしれません。
今の関係が一番心地良いと思っている可能性もあります。女友達のままでいれば、たとえ他の女性と仲良くしても浮気にはなりませんが、彼女になってしまうと話は別です。

あなたのことは確かに好きだけど、付き合うのはめんどくさいというのが彼の本音かもしれません。もし、彼がこのような考えを持っているのであれば、これ以上関係が進展する可能性はかなり低いといえます。
元カノにひどい振られ方をしてまだ失恋の傷が癒えていないなど、過去の恋愛がトラウマになっているケースもあります。「もう恋愛はしたくない」と思っているので、あなたのことは好きだけれど、もう恋愛はコリゴリ、というのが彼の本音かも。

この場合、時間が経って彼が再び「もう一度恋愛をしてみよう」と前向きな気持ちになれば、交際できる可能性があります。
男性によって「好きだけど付き合えない」に隠された本音はさまざま。付き合うのがめんどくさいという理由であれば、彼との関係は終わらせた方が良いかもしれません。

中には忙しい、恋愛恐怖症になっているなど、状況次第で関係が進展する場合もあります。彼の本音を見極め、今後の対応を考えてみて!

(ハウコレ編集部)

関連記事