2022.09.26

どうすれば良いの?男性が困ってしまう【微妙なLINE】3選

好きな男性に対して、LINEを送ってコミュニケーションをとるのは、アプローチの定番テクニックです。なかなか会えない男性が相手でも、LINEで仲良くなれば脈アリになることもありますよね。

とはいえ、LINEの内容によっては、文面を見た男性を困惑させてしまうこともあります。アプローチのつもりが「なんかこの人面倒!」なんて思われることもあるでしょう。では、どのようなLINEは送らない方が良いのでしょうか。
いきなり「〇日って空いてる?」と相手に聞くのは、嫌がられると言われますよね。仲が良い人ならともかく、アプローチという微妙な段階の相手なら「〇〇なら付き合うけど、△△の誘いなら断りたい」のような気持ちになるのも当然です。

用事を言って断られるのが怖くて微妙な聞き方をしてしまう人が多いですが、逆効果になりかねません。勇気を出して最初から「〇〇に行きたいけど、〇日って空いてる?」のように誘いましょう。
男性とLINEをしたくても最初から用件を送ると忙しい場合申し訳ない、という気遣いから「今って暇?」「何してる?」というLINEをする人もいますよね。ただ、これもやっぱり男性を困らせてしまうようです。

時には「暇なら何?」「どうしてそんなこと聞くの?」とイライラしてしまう人もいるんだとか。雑談LINEをしたいのであれば「ちょっと愚痴聞いてよ~」「暇だからLINEに付き合ってくれない?」のような、用件が分かるような誘い方をするのがおすすめですよ。
構ってほしい場合、ストレートに要求を伝えた方が良いからといって「構って~!」のような他力本願のLINEは嫌がられてしまいます。「俺が話題を提供しなきゃいけないの?」「どういう反応されたいの?なんかめんどい」と思われることもあるでしょう。

やはり、相手任せのLINEではなく、自分がどういう反応を求めているのか分かりやすく伝えるのがおすすめですよ。
LINEを送る時は、自分の要求ばかりを優先するのではなく、受け取った男性がどのように感じるのかを考えることが重要です。それをせずに自己中なLINEばかり送っていると、最終的に嫌われてブロックされるかもしれないので気を付けましょう。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事