2022.10.02

好かれるのは嬉しいけど!【嫉妬しまくる彼女】への彼の本音3選

人を好きになると、嫉妬をしてしまうことも多いでしょう。

片思い中は自分よりも親しい女性に対して嫉妬をしてしまいがちですよね。
また、付き合ってからも、自分よりも彼との付き合いが長い女性や仲の良い女性、あるいは彼の同僚女性に嫉妬をすることもあるでしょう。

ただし、そのような嫉妬心は男性に歓迎されないケースも少なくはありません。

では、嫉妬しまくる彼女に、男性はどのような本音を抱くケースが多いのでしょうか。
女性としては「彼が浮気しないと信じていても、彼の近くに女性がいると嫉妬してしまう」という人は多いですよね。

ただし、男性は「嫉妬されると信用されていないように感じる」という人が多いんだとか。

そのため、「あの人どういう関係?」「誰とLINEしてるの?」のように聞かれるたびに、自分が信用されていないように感じて、落ち込んでしまう人も多いみたいですよ。
嫉妬から彼のことを束縛してしまう人もいますよね。「飲み会のときは連絡をして」「女性とLINEをしたら報告してほしい」なんて言ってしまうこともあるでしょう。

ただし、そういう束縛は、やはり男性としては辛いと感じてしまうようです。
信頼されていない寂しさを抱くと同時に、束縛への窮屈さでストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。

「彼女のことは好きだけど、そこまで嫉妬から束縛をされるのなら、もう付き合いきれない」なんて思ってしまう人もいるようです。
嫉妬をするのは、愛情表現の一種だと考える女性もいるでしょう。確かに、彼のことが好きだからこそ嫉妬をしてしまうんですよね。

ですが、彼が嫌がるような愛情表現では、本当の自分の気持ちを伝えることはできません。
彼も「愛されていることはわかるんだけど、嫉妬以外で表現してほしい」と思うようです。

もう少しポジティブに彼に対する気持ちを表現するほうが、ふたりとも幸せになれるかもしれませんね。
嫉妬深い人は性格なので、その性格を変えることは難しいでしょう。
ただし、嫉妬心を押し付けてばかりだと、彼も疲れてしまいます。

彼のストレスになるようなら嫉妬を抑えるなど、ふたりが心地良い付き合いができるよう、考えてみましょう!

(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事