2022.12.07

【脈アリと勘違いしてる男性】にするべき脈ナシアピって?

好きな人にとって、自分は脈アリなのか、脈ナシなのか気になるのは男女共通のことです。女性としても、もし気のない男性から好かれたら脈ナシアピールをして、早めに諦めてもらうように仕向ける人が多いでしょう。

しかし、男性には脈ナシアピールをしているのに勘違いして「脈アリだ」とポジティブな解釈をしてしまう人がいます。そんな男性に脈ナシだと気付いてもらうためには、どうすれば良いのでしょうか。
男性に対して「好きな人がいる」と話すことで、諦めるように仕向けるのが一般的です。ただし、男性がポジティブな人だと「それって俺のこと?俺からの告白待ちアピール?」といった解釈をされてしまう恐れがあります。

そのため、できるだけ男性とは正反対の特徴を言いながら話してみましょう。具体的であればあるほど、男性が気付いてくれる可能性が高くなります。
「他に好きな人がいる」と言っても男性に諦める様子がないのなら「今は彼氏をつくる気はない」と言って、他の女性に目を向けてもらうのもおすすめです。

ただし、男性の性格によっては「彼氏をつくる気になるまで待つよ」と言われることもあります。男性の性格を見極めてから使った方が良いでしょう。
誰でも、好きな人から自分の恋を応援されると「自分は恋愛対象外なんだな」と落ち込みますよね。それを利用して、男性と恋バナになった時に「〇〇さんならきっと彼女ができますよ!頑張って!」のように応援するのもおすすめです。

その上で「私も早く好きな人見つけよう」などと言えば、しっかり脈ナシアピールができるでしょう。
全く脈がないのに脈アリだと勘違いしている男性が近くにいると苦労しますよね。仕事の関係などできっぱり断ることができないと、さらに対応が難しくなります。そういう男性には、長期戦で脈ナシアピールをするようにしましょう。

(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事