2022.11.27

【マンネリ化?】付き合って半年のカップルの特徴とは?

付き合って半年くらいになると、付き合い始めのころと違って、二人の関係に徐々に変化が見えてきます。

一緒にいることに安心感を感じたり、イライラすることが増えたりと、カップルによっても違いがあると思います。付き合って半年くらいのカップルにはどんな特徴や心境の変化があるのでしょうか。
半年くらい経つと付き合い始めのころのような新鮮な気持ちは減ってきて、一緒にいることが当たり前になり、慣れを感じ始めるカップルも多いです。一緒にいてドキドキすることも減り、安心感を感じたり、時には「マンネリ化している?」と感じることもあるでしょう。

ちょうど半年くらいだと、そのまま安定して付き合っていけるカップルなのか、お互いに気持ちが冷めて別れてしまうカップルなのかがわかる時期でもあるでしょう。
2人の関係が安定して慣れてくると、相手のことがよく分かってきて遠慮もなくなり喧嘩をしてしまうことも多いですよね。相手のことがよく分かってくる時期だからこそ、嫌な部分も見えてきてぶつかることも増えてしまいます。時には喧嘩をしてそのまま喧嘩別れになってしまうカップルもいます。
お互いに信頼関係が出来てくると、会う回数も連絡も減ってくるカップルが多いのではないでしょうか。

付き合い始めのころはお互いに一緒にいたい気持ちが強く、時間を作ってでも会えるようにしたり、連絡も頻繁に取り合いますよね。でも、半年もするとお互い安心感が出て連絡も必要なことだけになってきたり、会う回数も自然と減ってくるカップルが多いようです。
今回は、付き合って半年のカップルの特徴や心境の変化について紹介しました。付き合って半年になるとお互いの気持ちも落ち着いてきて、それがマンネリに感じたり、飽きてしまったと感じてしまう人も多いでしょう。

でも、実際はそういうネガティブな気持ちも、安心感の裏返しだったりします。前向きな気持ちを忘れずに、彼との関係をより深いものへと進展させてみてくださいね。

(elliott/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事