2020.09.05

職場恋愛はどう動く?大人の恋愛マナーを解説!

色々なドラマでも取り上げられることが多い職場恋愛は、社会人ならではの恋愛として憧れる人も多いでしょう。実際、恋人や配偶者を職場で見つける人も少なくはなく、多くの人が職場恋愛の経験を持っています。では、そんな職場恋愛はどのように動いていけば良いのでしょうか?大人が知っておきたい恋愛マナーを解説していきます。
一緒に入社した同期同士で恋が芽生えることが多いでしょう。多くの会社は入社後数ヶ月間の新人研修があるので、そこでの恋は研修期間中に成就させたいところ。配属されてしまうと配属先が遠くて中々会うこと自体ができなかったり、そこでの新しい人間関係の中で恋愛を見つけてしまうこともあります。また、配属後は入社直後の数倍忙しくなるので恋愛モードになるのも難しくなるでしょう。そのため、同期に片想いの相手がいる場合は研修期間中に積極的に声をかけて恋人同士になっていきましょう。そうすれば、配属先が離れた場合でも強い絆で結ばれた恋人同士になれます。
配属された先の先輩社員に恋をするのも、職場恋愛の定番です。相手が独身なら、どんなに年が離れていても付き合える可能性もあるでしょう。ただし、なかなか異性の先輩社員にアプローチを仕掛ける機会はありません。そのため、先輩への片想いを成就させたい時には先輩社員と親しい人に恋心を打ち明けて協力してもらいましょう。そうすれば、自然な流れで一緒にご飯を食べたり飲みに行ったりするなど、先輩・後輩の枠を超えて付き合えるようになります。
最近は年上の女性が自分の後輩社員や部下に恋をするケースも少なくはありません。年齢が離れているとアプローチ方法も分からなくなりがちですが、やはり年下には頼れる女性であることをアピールしましょう。仕事で頼れる女性の一面を見せておいて、飲み会やプライベートではかわいい部分を見せることでギャップが効果的に働くこと間違いなしです。接点を増やすことを意識しながら、距離を縮めていきましょう。
職場恋愛は合コンや街コンでの出会いと違い、あくまで「仕事をする場所」での恋愛になります。そのため、同期同士や先輩・後輩に関係なく仕事を優先することが最も大切な注意点です。恋愛に振り回されて仕事が疎かになったり、気まずくなった時に仕事に影響が出たりするようではお互いの評価が下がってしまいかねません。仕事より恋愛を優先するような事態にならないように、節度を持って取り組みましょう。

他の人とは違う関係性の職場恋愛は盛り上がりやすい素敵な恋愛です。成就させることで毎日の仕事が楽しくなることもあるでしょう。お互いの立場を自覚して社会人としての意識を持ちながら、ぜひ他の恋愛では味わえない刺激的な職場恋愛を楽しんでくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事