2021.01.04

【隣の芝生は青い?】友達カップルを羨ましいと感じる瞬間とは?

 
身近の友達や同僚などに、普段から彼氏とラブラブしているカップルは、いるでしょうか。自分のことではないので、どうしても知り合いカップルの良い所ばかりに目が行ってしまうこともあるでしょう。
 
自分の恋愛と、他人の恋愛は、在り方が違ってくるので、比べる必要はないと分かっていても、比べてみてしまうことがあります。比べてしまうと、どうしても羨ましくなってしまうでしょう。今回は、友達のカップルを羨ましいと感じる瞬間についてご紹介していきます。
 
彼氏から友達が優しくされていると、羨ましいと感じたことがある方もいるのではないでしょうか。女子会が長引いてしまい、時間が遅くなったときなどに、心配の電話をしてきていると、ついつい「私は」と考えてしまう時があります。
 
急に体調を崩してしまった時などにも、「彼氏が優しく看病してくれた」と話す時もあるでしょう。優しい彼氏の存在自体が羨ましく感じるときもあるようです。
 
自分が困ってしまった時や、連絡をしていなかったときに、心配して優しくしてくれる友達の彼氏をみると、自分の彼氏と比べてしまう気持ちは、誰にでもあるのでは、ないでしょうか。
 
2人の関係や愛情は、プレゼントにかかったお金だけではないと分かっていても、自分がもらった物と、知り合いの女性が彼から貰ったプレゼントを比べてしまう時があるのではないでしょうか。
 
見てすぐわかるような、高いものを貰っていたり、付き合って何周年記念の時に、旅行をプレゼントしてくれたりと、目に見えて分かるような物は羨ましくなってしまうでしょう。
 
だからといって、自分の彼氏がダメなわけではありません。わざとあげないようにとしているわけではないのであれば、他にも彼の良さがあるはずです。
 
仲が良いカップルは、2人にしか出すことが出来ない雰囲気や、魅力的に見えることも多くあります。彼氏と喧嘩をして、どんよりしていたのに、すぐに仲直りしてラブラブな雰囲気を出している知り合いのカップルを羨ましく感じることもあるでしょう。
 
知り合いが幸せそうにしていると、「おめでとう」という気持ちと同時に「羨ましい」と感じてしまいます。自分の近くにラブラブしているカップルがいれば、その2人を観察してみて、真似できる部分は試してみても良いかもしれません。
 
いつも一緒に遊んでいる友達と話している時に、いきなり「プロポーズされた」という話をされると、素直に喜ぶことが出来ない方も、いるのではないでしょうか。自分の方が長い間付き合っているのに、結婚の話が出てこないという方もいるでしょう。
 
最近恋人が出来たばかりの知り合いが、先に結婚の話をしていると、羨ましく感じる方もいるようです。結婚は、付き合っている期間の長さではないので、彼からプロポーズしてくれるように、アプローチして見てもいいのではないでしょうか。
 
今回は、友達のカップルを羨ましいと感じる瞬間についてご紹介しました。羨ましく感じても、結婚を焦らないようにしましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事