2021.03.17

気づいたら彼の声しか聞こえない♡【カクテルパーティ効果】とは?

パーティやカフェ、レストランなど、ざわざわした場所でなぜか特定の言葉だけが聞こえたり、気になったりしたことはありませんか?実はそれ……カクテルパーティ効果かもしれません。

ビジネスでも恋愛でも、幅広いシチュエーションで応用できるカクテルパーティ効果の意味について掘り下げていきましょう。
カクテルパーティ効果はもともと、1953年にイギリスの心理学者によって提唱された理論です。

心理学用語では「選択的注意」といい、(人は自分に関心がある話題を無意識に選んで取り入れている)ことを表しています。

大人数が集まるパーティではまわりがざわざわしていて、ほとんどの話し声は雑音にしか聞こえませんが、自分にとって関心のある話題だけはなぜか遠くの声でもきれいに聞き取れたりします。

これこそが「カクテルパーティ効果」です。私たちは普段、無意識のうちにまわりの情報を「必要なもの」と「必要のないもの」に分けていて、必要のない情報は基本的にすべて雑音として処理されます。

にぎやかなカクテルパーティで起きやすいことからこの名前がついたのですが、パーティでなくても、昼休みの教室やオフィスなど、ある程度ざわざわした空間ならいつ起きてもおかしくはありませんので、しっかりおさえておきましょう。
カクテルパーティ効果は、恋愛でも応用することができます。今日から実践できるカクテルパーティ効果の応用テクニックを御紹介します!
教室やオフィス、合コンなどで気になる彼がいるなら、とりあえず意識して名前を呼んであげましょう。

距離があったとしても、まわりがざわざわしていたとしても、名前を呼ばれれば彼のほうも聞き取ってくれるはずですし、あなたのことを少なからず意識してくれるはずです。

ただ、むやみに名前を呼ぶなど、わざとらしすぎるとかえって引かれてしまいますので、初対面の場ではほどほどにしておきましょう。
大人数のパーティや合コンではいくつかのグループに分かれてしまい、気になる彼になかなかアピールできなかったりします。

そんな時は、彼にとって興味がありそうな話題をさりげなく出して、キーワードで誘ってみましょう。

理系の彼なら、パソコンやプログラミング、ゲームなどのキーワードにアンテナを張っている可能性が高く、まったく違うグループにいてもそれらしいキーワードを出すことでこちらに関心を持ってくれるかもしれません。

あなた自身にそれほど知識がなくても、彼の話を丁寧に聞いてあげるだけでも好印象につながりますのでぜひ試してみましょう!

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事