2021.03.23

スグ真似しよ!【同棲中】にもっとラブラブになれる2人だけの決まり♡


同棲中は、一緒にいられる時間が多くて楽しいこともある反面、今まで見えなかった部分も見えてきて現実と向き合うことも多くなりますよね。

つい嫌なところばかり目に付きやすいですが、同棲中だからこそラブラブになれるコツがあるのをご存知でしょうか?

そこでここでは、同棲しているからこそできるラブラブ方法をご紹介します。
小さなことですが、お帰り・ただいまのコミュニケーションは、同棲中とても大切なポイントです。
同棲生活に慣れてくると、つい「あ~疲れた」「ご飯できてる?」など、用件だけが会話になりがち。

お帰り・ただいまから、「今日はどうだった?」と会話が生まれると、自然とコミュニケーションが取れて、良好な関係を続けやすくなります。

ささいなことですが、同棲生活のお帰り・ただいまの会話を大切にしていきましょう。
同棲していると、お互いが同じ空間にいることが多くなり、自分の時間を持つことが少なくなってしまいますよね。
自分の時間がなくなると、ストレスが溜まりやすい男性もいて、ストレスフルになると浮気に走ってしまう男性も…...。

同じ空間にいても、お互いが違うことをしていても、「何してるの?」と、頻繁に干渉しないのも、ラブラブでいられるふたりだけの決まり♡

お互いのことを尊重しあえる中だからこそ、信頼関係が生まれて、絆が深まっていくのです。
同棲している中でも、「〇〇しなくちゃいけない」とルーティンにすることがNGなこともあります。

たとえば、帰るときには必ず連絡する、行ってきますのキスを絶対にする、ご飯は交代で作るなど…...。

自分がしたいと思ってすることは負担になりにくいですが、決まりとして実践しているものは、同棲生活が長くなるほど苦痛に感じてしまうことも。

苦痛から逃げたくなった男性は、家に帰ってこない日があったり、浮気していたりなど、マイナスな出来事や感情が起こりがち…...。

英語でいう「マスト」になってしまうことは、避けた方が2人の気持ちが持続しやすくなります。
恋人同士なら誰でも同棲できるとは限りません。
せっかくタイミングが合って同棲しているのですから、よりラブラブなれた方がうれしいですよね。

よかれと思ってしていたことが、お互いの心を窮屈にさせていたらとてももったいない!

お互いを信用して、ずっと一緒にいたい♡と思える存在になると、同棲生活をもっと楽しくすることができます。

ぜひ同棲しているからこそできることを実践して、よりラブラブな関係を作っていってくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事