西野あや

2021.07.15

大失恋がきっかけではじめたミクチャで人生が変わった

ニックネーム:おもち、あや
生年月日:ひみつ
ミクチャ歴:3年
趣味:愛犬のごんたと遊ぶ事
Twitter:futago_omochi
Instagram:nishinoaya530
ミクチャ:西野あや
 
ミクチャ歴3年の西野あやさん。ミクチャのファン数は13,000人超え! ライバーとして活躍しながら、女優、モデル、声優としても活動しています。ミクチャで配信をはじめたことで人生が大きく変化したという西野さんのお話を聞きました。
 
 
――3年前に、ライブ配信をはじめたきっかけを教えてください。
 
実は、大失恋がきっかけなんです。落ち込んでいる私に、親友が「何か趣味を持ったほうがいいよ」と言ってくれて、2人でYouTubeチャンネルを作ろうという話になったんです。まずはファンを増やすために、個々でライブ配信をやってみようということになりミクチャで配信をすることにしました。それまで、SNSもやったことがなかった私にとっては未知の世界だったのですが、大失恋という経験が、私の背中を押してくれたんです。
 
――最初の配信はどんなことをしたのですか?
 
配信をはじめた頃の私はものすごく人見知りで、人前で話すことがすごく苦手でした。なので、ライブ配信をはじめると決めたもののどうしていいかわからず……。最初の配信は、ただ話すだけの配信を1時間くらいしました。小学生の女の子一人だけがコメントしてくれたのを覚えています(笑)。
 
――人見知りで、人前で話すのも苦手だった西野さんが、配信を続けていこうと思った配信は覚えていますか?
西野あや
いろんな方の配信を見て勉強をして、ミクチャは長時間配信をすると注目度が上がるということがわかりました。ただ、当時の私は、長時間お喋りだけで配信をするということができなかったので、からまったネックレスをひたすらほどくという配信をしたんです(笑)。当時は、会社員だったのですが、仕事が休みの日のお昼からネックレスをほどきはじめて、そこから18時間ぶっ続けで朝まで配信しました。それを見てくれる方がいて、頑張れと声をかけてくれる方がいて、それが楽しいと思えるきっかけになりました。
 
――18時間!? それはすごいですね。配信歴3年の西野さんですが、最近の配信はどんな内容が多いのでしょうか。

 
最近は、雑談配信やモノマネ配信が多いです。モノマネというとハードルが上がるので、ファンの方からリクエストされたものを“雰囲気モノマネ”で披露しています(笑)。兄が2人いて、小さいころからけっこう無茶ぶりをされてきたので、ふられたらやるというのが沁みついているんです。
 
――この3年、ライバーとして活躍する中でどのような変化がありましたか?
 
性格も生活リズムも人生も全て変わりました! もともとは、ネガティブで、陰キャラで、趣味も何もなかった私が、ミクチャを通じてたくさんの人に出会って、夢ができて、性格もポジティブな陽キャラになりました(笑)
 
家族からは、性格の変化だけじゃなくて見た目の変化にも驚かれます。やっぱり人に見られる活動をしているので、以前よりスキンケアもちゃんとするようになったし、ファッションやメイクに対する意識も高くなりました。深夜帯に配信をすることもあるのですが、それが続くと肌が荒れたりするので、定期的にメンテナンスも欠かせません。
本当に、ライブ配信を始める前と比べるといろんなことがガラリと変わったのですが、その中でも、仕事を辞めたというのはかなり大きな変化です。
 
――ライバーとして活動されていることについて、ご家族の反応はどうでしたか?
 
最初の頃は、配信を遊びの一環だと思っていたみたいで、仕事を辞めて配信に集中すると伝えたときには反対されました。表現者として楽しませたいと思ってやっているけど、それが伝わりにくかったみたいです。でも、私のミクチャ配信を実際に見て、私のやっていることや夢を知って、それを応援してくれている方たちを見たことで認めてくれるようになったんです。今では、私の活動を応援してくれて、配信もよく見てくれています。母はたまに声だけ出演したりするので、母のファンもいるんです(笑)。
あと、収入も会社員として働いているときよりも多いので、そういった点でも親を安心させられたかなと思っています。もちろん、毎月決まった金額ではないので不安定ではありますが、リスナーさんたちがすごく応援してくれているので感謝の気持ちでいっぱいです。
 
――ライバーとして活動する中で、夢も見つけられたんですね。
 
ライバーになったことで、いろいろな経験をすることができました。その中で、人の心を動かす演者になりたいという夢ができました。最終的には、朗読劇がやりたいと思っています。それと、応援してくれているファンのみなさんに、「推してよかった」と思ってもらえるような活躍をしたいという気持ちも強いです。
 
――ファンの方の存在が、配信を続ける支えになっているんですね。
 
最初は、ミクチャの中で有名なライバーになれたらいいなという気持ちだったのですが、続けていく中でファンの方たちに、自分でも知らなかった、自分の良いところをたくさん引き出してもらったんです。もともと、すごく自己否定が強かった私が、ファンの方たちのおかげで自己肯定感がものすごく高まったんです。本当に、ファンの方たちには感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
――西野さんから見て、ミクチャの魅力はどんなところですか?
いろんなイベントがあって、条件によって注目度が上がるので、初心者でも頑張り次第で目立てること! どんなに強いライバーさんがいても、その方達と並べるチャンスがあるんです。「参加しても無理だな……」ではなくて、「私にもチャンスがあるかもしれない」と思えるのはすごく魅力的ですよね。
 
あと、すごくアットホーム感があります。これは、他にはなかなかないことなので、かなりおすすめポイントです。
 
また、アイテムが他のアプリよりもすごく凝っているからついつい投げちゃうんですよね。演出も凝っているから見ていて飽きないし、ライバーもアイテムを投げてもらえるとうれしいんです。アイテムを投げたときの画面を見ているだけで楽しいというのもミクチャの魅力ですね。
 
――これまで、西野さんがミクチャでライブ配信をしていて一番嬉しかったことはなんですか?
 
『Girls Award』のランウェイを歩けたことです! ものすごく感動的な体験をさせていただきました。イベントで1位を取れたら、モデルとしてステージにたてるというものだったんですが、3日遅れくらいでイベントに参加したので、遅れを取り戻すためにも頑張って配信をしたんですが、ライバーをはじめるまえには想像もしていなかったことが自分の人生に起きているなと感じた瞬間でもあります。
 
――そんな西野さんにとって、「ライブ配信」とはなんですか?


ミクチャ配信は、私の人生を変えてくれた場所であり、生活の1部であり、familyというファンとの交流が出来るおうちのような存在です。配信をはじめてみなさんが見に来てくれると、「おかえりなさい」って気持ちになります。
ここがあるからこそ、今の私があるので、私の人生になくてはならいものですね。
自分の夢と居場所を見つけられた場所でもあるので、ミクチャに出会えてよかったなと思います。
 
――ライブ配信を続ける中でご自身が成長したなと感じることはなんですか? 

 
表現力とコミュニケーション能力です。伝えるということに関しては、すごくスキルアップしたなと感じています。
あとは、これまであまり意識してなかったことですが、ファンの方たちから「声」がいいと褒めてもらえて、そこから声優を意識するようになりました。
ファンの方ももちろんですが、スタッフとして関わっている方たちも良い方ばかりなんです。イベントで出会った方からは、本当だったら学校で教えてもらうようなことも、教えてもらえることがあって、私が目指している演者として必要なことを学ぶチャンスがたくさんあります。
 
――最後に、このインタビューをご覧の方にメッセージをお願いします。
 
3年目のライバーでベテランと言われるようになりましたが、まだまだ演者としてもライバーとしても未熟です。私の配信を見に来てくださる方には誠心誠意のおもてなしをするので、ぜひ西野あや枠に応援しに来てもらえるとうれしいです。
 
医療系の事務として働いていたという西野さんは、失恋を機にはじめたライバーで人生が大きく変わりました。3年前、想像もしていなかった人生を今歩んでいるという西野さん。ライバーとして活躍する中で見つけた夢が叶うように応援しています。


\ミクチャに興味がある方はこちら/

友だち追加をしてライバーとして配信をしよう


✨あなたもライバーになって夢を叶えよう✨

関連キーワード

関連記事