2021.10.23

両思いだと思ってたのに。カン違い禁物な男性の神行動

好きな人ができると、彼にとって自分が「脈アリ」なのか「脈ナシ」なのか悩みますよね?
脈アリだと思っていたのに、実際に告白したら振られてしまった人もいるはず。
そこで今回は、カン違い禁物な男性の行動を4つご紹介します!
何度も同じ男性からデートに誘われたら、どんな女性も「脈アリ」だとカン違いしてしまうでしょう。
しかし、何度もデートしていても恋愛対象外だと思っていることもあるようです。
ただ単に「楽しい」「暇だから」という理由で誘ってくる男性も。
見極めるポイントは、彼から告白してくるかどうか。
何度デートしても関係が進展しない場合は脈ナシだと思っていいでしょう。
弱っているときに男性から優しくされると、つい好意があるのではないかとカン違いしてしまうもの。
女性に対して優しい男性は、たとえ好意がなくても優しくしてくる場合もあるようです。
そのため、弱っているときに優しくされただけで「脈アリ」と判断するのはまだ早いかもしれません。
もっと彼の行動をよく観察してみるから判断するようにしましょう。
気になる男性に褒められて、嫌な気分になる女性はほとんどいないはず。
会うたびに褒められたら「私のことが気になっているのかな?」と思ってしまうのは当然です。
ただ、世の中には「どんな女性のことも褒める男性がいる」ということを理解しておかなければいけません。
気がないのに女性を褒める男性は、他の女性にも同じことをしている可能性が高いのです。
会話中に恋愛関連の話題が多かったり、男性から「彼女ほしいな~」「一人は寂しい」といった発言があっても、実際は単なる思わせぶりということも。
「彼女がほしい」と言ってくるわりに、全く告白してくる雰囲気がない場合は、もしかすると脈ナシかもしれません。



好きな男性に優しくされたら、どんな女性も「脈アリ」だとカン違いしてしまうでしょう。
男性の中には、脈ナシにも思わせぶりな神行動をする男性が存在するということを、しっかり頭に入れておいてくださいね!

(ハウコレ編集部)

関連記事