2022.01.31

義理チョコで差をつけよう!気が利くと思われるプチギフト3つ

義理チョコといえばバレンタインの中でも頭を悩ませる人が多いものです。女性はどこまでの関係の男性に用意すべきか悩むでしょうし、男性にとっても大袋の義理チョコに対してどのようなお返しを用意すべきか、既にホワイトデーを考えて悩むことの多いイベントでしょう。

一部の企業では「義理チョコは完全廃止しよう」なんていう動きも出てきています。しかし、実は義理チョコは女性にとって大きなチャンスです。普段は感謝の言葉を伝えるのが苦手な天邪鬼で照れ屋な女性でも、義理チョコを口実に感謝の気持ちを伝えて気の利く女性であることをアピールできるチャンスになるでしょう。

そんな、義理チョコに添えると効果的なプチギフトを紹介していきます。
「お別れ」という意味があり送別会などに贈られることも多いハンカチですが、最近ではそれほど意味を気にする人はいません。そのため、義理チョコに添えると喜ばれることも多いのではないでしょうか。

特に最近はトイレのジェットドライヤーが禁止になっているところも多いため、ハンカチを持ち歩く人も増えています。

義理チョコ相手全員に渡すのは難しくても「お世話になっている上司」や「義理チョコしか渡せないけど、意識してほしい相手」には日頃のお礼の言葉を添えながら渡してみてはいかがでしょうか。
ハンカチと同じくらい喜ばれるのが、携帯ウエットティッシュです。アルコールで除菌はしっかりしていても、スマホを触った後や屋外などでちょっと手や口を拭きたい時に重宝するアイテムは、まさに今の時期にぴったりです。

ハンカチよりも実用的なので、気軽に渡しやすいでしょう。以前は品薄で入手しづらいものでしたが、最近ではドラッグストアなどで簡単に手に入れることができます。

気軽に渡せるアイテムとして、義理チョコに添えると喜ばれるかもしれませんよ。その場で食べたいという人にとっても重宝するアイテムです。
少しお金はかかってしまいますが、上司や気になる男性への義理チョコに添えるアイテムとしてはハンドクリームもおすすめです。

アルコール除菌で手荒れを気にする人もいるため、効能の良いハンドクリームを選んでプレゼントしてあげましょう。

おすすめは香りのない実用的なタイプのハンドクリーム。甘い香りは苦手な人も多いので、効能重視で選んであげると良いのではないでしょうか。
義理チョコなんて面倒なだけの行事かもしれませんが、そう思っている女性が多いからこそ義理チョコは周りの女性に差をつけるチャンスです。

普段は口下手であまり上手に周りの男性に対してお礼を言えない人でも、義理チョコに添えるプチギフトがあれば会話のきっかけも生まれるかもしれません。気の利く女性であることがアピールできれば、仕事でもチャンスが生まれるかもしれません。

また、今までは気にしていなかった男性とも義理チョコがきっかけで恋が始まる可能性もあるでしょう。面倒なだけの行事だと思っていても憂鬱なだけですので、せっかくのイベントを楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事