2022.01.18

絶対ダメ!【男性のプライドを傷つける】NGワード4選

男性はとてもプライドが高い生き物。たとえどれだけ好きな相手であっても、自分のプライドを傷つけられるような発言をされると、一気に気持ちが冷めてしまう、なんてこともあります。

何気なく放った一言で彼を幻滅させてしまった、という事態を避けるためにも、男性が嫌がる言葉とその理由を頭に入れておきましょう!

今回は、男性のプライドを傷つけるNGワードをご紹介します。
男性は女性のように体型はそこまで気にしていないだろう、と思ったら大間違い。実は自分のスタイルを気にしている男性って結構多いんです。

特に注意したいのが「痩せた」というワード。女性は褒め言葉として考えることも多いですが、男性によっては傷つくことがあります。体の大きなマッチョ体型に憧れている男性の場合、〈痩せた=貧相になった〉と捉えてしまうこともあるのだとか。

「太った」「痩せた」など、体型のことを指摘するのはやめておきましょう。
「男のくせに」「年上のくせに」など、相手を下げたり責めたりする言葉もNG。もし、彼女や好きな女性にこんなことを言われたらプライドがズタズタになってしまいます。「どうせ俺なんて...」と彼が自信を喪失する原因にもなりかねません。

その場は平気なフリをしていても後でひどく落ち込んでいる、というケースも多いので「〇〇のくせに」という言葉は言わないように心掛けて。
男性の中には、役職や収入の高さをステータスだと考えている人もいます。そのため「もっと稼げないの?」なんて女性から言われると、男性は自分を否定されているような気持ちになってしまうでしょう。

自分の収入に文句を言われると、誰でも良い気分にはならないはず。たとえ仲が良い相手であっても、お金に関する発言には気を付けましょうね。
男性にとって「頼りないね」はとても傷つく言葉。私にはあなたは必要ない、あなたじゃ私を守れない、と言われているような気持ちになり、プライドはズタボロです。中には「じゃあほかの人を頼れば?」と拗ねてしまう男性もいます。

頼りないな、と思ったときは「もっとこうしてくれると嬉しいかったな」など、別の言葉で伝えるようにしてみて。
今回ご紹介したNGワード以外にも、男性が嫌がる言葉はたくさんあります。「無意識に相手を傷つける発言をしてしまったらどうしよう」と心配な人は、否定的な言葉を控えるように心掛けましょう。

ダメ、できない、などの否定的なワードを「すごいね」「大丈夫だよ」とポジティブな言葉に言い換えるだけで、印象がグッと良くなりますよ。

(ハウコレ編集部)

関連記事